アトピーだけど断食していいの??noteのご質問いただきました! byなるりえ

お問い合わせはこちら リアル免疫力セミナー

アトピーだけど断食していいの??noteのご質問いただきました! byなるりえ

アトピーだけど断食していいの??noteのご質問いただきました! byなるりえ

2021/10/01

【なるりえのひとり言 1134】 アトピーだけど断食していいの??noteのご質問いただきました!

 

 

 

 

 

以前、週4とか5の集中1ヶ月治療(遠方ゆえに一気に受ける術が取り急ぎの最善ということで)で来てくれたアトピー持ちの患者様から質問がありました。

 

 

今回のnoteを読んでくださったようで、さらにそこからの質問。

 

 

 

おそらく彼女は、

 

 

いわゆる白血球も低く、リンパ球も低い、

 

わたし的じよく使う言葉の陰虚タイプ!に自分は当てはまる!と読んでくださったのだと思います。

 

 

 

こういう感じなので、やっぱり黒い色が強い!乾燥が強い!となると、確かにソコ!ですよね。この写真が6月11日。

 

 

で、約1ヶ月の7月8日でここまでは来ます!

 

 

が、やはり1人になるとね、あれこれ今後進んでいくためには試行錯誤が必要であって、遠いから来れないハンデもある分考えたのだと思うんですけれど、、

 

 

かるーいプチ断食!なるものをちょっと行なっているそうなんですね。で、昨日私のnoteを読んでくださって、改めて考えてみたらしくご質問をいただきました。

 

 

 

そのプチ断は自分自身にとっていいか、悪いか、どうですか?という質問。

 

 

 

で、そのプチ断食がどれくらいのもんかというと、

 

 

一日の一食だけをご飯だけ(おそらく玄米であると信じたい)とかなり軽くするくらいということ。

 

 

 

うん、私の答えは、

 

その程度ならたまにやってよし!あくまでたまにですパー

 

 

というところ。

 

 

 

 

彼女は、ステロイドの悪影響というか後遺症で、食べても太らない、痩せてしまう、そして、お腹が空く、傾向があり、

 

 

ゆえに、食べすぎてしまうことへの懸念もあると思うんですれど、

 

 

やっぱりいっても、明らかに痩せ傾向。

 

 

 

なので、本格的な断食はこういうタイプの場合はNGです。

 

 

 

だって、ステロイドの影響で、栄養が吸収まともにできないから、消化ホルモンとかも人より交感神経になっているゆえに、出にくいわけで、

 

 

断食することがアトピーを治すという風には繋がらない!タイプなんですよ。

 

 

で、免疫自体だだ下がりゆえに、毒を出せるだけの能力を失っている状態。免疫がないゆえに毒出しができない、足りないゆえに体も毒を出したがらないのですうずまき

 

 

 

でもね、

 

 

断食と言っても、一日の一回だけで、断食と言ってもご飯一杯は食べる、ってすごくいいところだと思うんです。

 

 

 

うん、それなら、やはり答えとしては、

 

 

時たまアリです!よね。

 

 

 

 

やっぱり食べ過ぎること自体、胃腸に負担になったり、消化吸収に体の働きを取られ過ぎると、

 

免疫って食べ物に対しても、一応食べ物という敵が入ってくるわけだからそこに免疫も頑張っちゃうわけなんで、

 

実は食べ過ぎると、本丸である症状を治す!に至れない!って部分があったりもするわけです。

 

 

 

なので、このタイプの場合、時たまプチ断くらいで、

 

 

胃を疲れさせない活動をスパイス的に入れるというのは、アリと読みます。

 

 

 

ただし!!!間違ってはいけないのは、

 

 

 

やりすぎないこと。

 

そして、レギュラーで毎日毎日同じルーティンを刻むこと。

 

 

 

これがこのタイプの体には、毎日になると、免疫低下をますます加速させる引き金になっちゃうんですね。

 

 

今度は栄養不良になって、治そうとする養分が足りなくなるうずまき

 

悪化する、となる。

 

 

 

このタイプというのは、全てのよかれというものが、

 

逆効果になる危険性が一番強いんですよね。

 

 

 

だから注意がとても必要。

 

これやってれば治るなんていう言葉が一番ダメ!アセアセ

 

 

 

なので、

 

 

このタイプにおいてはですよ、

 

 

全てのものは、ちょっとしたフック掛け、程度にしないといけないということ。

 

 

強い刺激のものなら尚更使いすぎてはいけない!んです。

 

 

うっかり強い刺激を日常化なんてしてしまったら、逆に自分を弱らせる毒になってしまうんです。

 

 

というわけで、そんなかるーいプチ断も一日一回で、週2!くらいまでかなーと思いました。

 

 

 

でもね、ほんとこの案はあながち間違ってはいないんです。

 

 

やっぱりね、体って抑揚が必要だったりするので、フラットに同じことやってれば治るというわけではなく、治るためには少しの刺激って必要なんです。

 

このタイプにおいては、全てが免疫低下につながりやすいゆえに、それをいかにたまーにうまーく入れるか、そこが勝負になるっていう話で。

 

 

 

ちゃんとキレイな栄養をしっかり入れてあげる日の中に、そのちょい抜きのプチ断を折り込む程度!にね!うまーく、スパイス的に波をつけていい免疫刺激にするときっとうまくいくと思いますよ!ってお話でした!

 

 

P.S.

あと手段は色々多く持つことがコツです。同じことだけを必死にやるのではなく、あ、今日はこれを少し取り入れて刺激にしようという感覚で、いい刺激になりそうなものを、決して固執しすぎない程度にうまく入れることです。

 

そうするときっとその中に入れた例えば週1回のプチ断が功を奏するのではないかと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

 

 

※なるりえが講師のリアル免疫力セミナーはこちらをクリック!  

 

 

 

 

※治療などの詳細はHPへ!下記ロゴマークをクリック!

 

 

 

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#鍼灸#交感神経#ビーガン#マクロビオティック#脱薬#減薬#自然治癒力#アトピー#脱ステ#ステロイド#コロナ#ウィルス#アトピー#自律神経#免疫の力#コロナワクチン#NOTE#デトックス#断食

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ

にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。