エビデンスって何?薬なしでリウマチやガンがよくなってもメモはしない! byなるりえ

お問い合わせはこちら リアル免疫力セミナー

エビデンスって何?薬なしでリウマチやガンがよくなってもメモはしない! byなるりえ

エビデンスって何?薬なしでリウマチやガンがよくなってもメモはしない! byなるりえ

2021/08/25

【なるりえのひとり言 1119】 エビデンスって何?薬なしでリウマチやガンがよくなってもメモはしない!

 

 

 

 

うちの患者様のお話です。

 

 

 

お医者さんが言うそうですよ。

 

 

リウマチ数値が、なんでこの数値になったの??って不思議そうに。いい方に変化したから。

 

薬使ってません、と言うと、

 

薬使ってないで?使わなかったんだよね?本当に使ってないの?

 

 

って。

 

 

ハイ、使ってません。

 

というと、あ、そう。

 

と怪訝そうな顔で言ったきり、そのよくなった症状も、薬を使っていないでよくなってきたという事実も、

 

 

決してメモを取らない。

 

 

 

 

ガン患者さん、

 

 

余命宣告、3ヶ月でくたばります(その前に人間的にその言葉使うこと自体あなたの方が病気ですと言いたいけれど)、

 

次来た時は貧血になって、ヘモグロビン下がって、ダメになっていくから、だそう。

 

そして、6ヶ月、9ヶ月経過。

 

血液数値は良好。免疫も安定。むしろ完璧。

 

体調も前よりずっといい。

 

 

しかし、そんなことにも、一切免疫にも目も向けず、

 

あ、貧血大丈夫です、だって。

 

自分が言ったセリフにも責任を取らず、

 

その医師は素知らぬ顔。

 

 

3ヶ月で死ぬ、生きていられるわけがない、と言いましたよね、

 

あなたが外れたことを今後のデータ、そして、エビデンスにしてくださいよ。

 

 

 

糖尿病、

 

薬を飲まずによくなったら、

 

なんで薬飲まないんだと怒ったそう。

 

数値が下がったにも関わらず。

 

 

真面目な患者さんは怒られたことに対して、薬を再開。

 

結局、薬飲み続けた結果、ガンまで発症。特に糖尿病数値がよくなったわけでもなく、むしろ前に戻ったそう。もらったのはガンのお土産。

 

その薬の副作用欄を見てみれば、肝臓に悪影響があると書かれている。しっかり肝臓にガンできましたよね。ガンがそれだけの理由とは言い切れないにしても、血糖値すらよくなりもせず、普通に糖尿病数値のまま。一体何の意味があったの?

 

 

今度こそ、糖尿病の薬もやめて、全部薬やめて、本当に全部病気を免疫の力で治そうと努力。

 

そうしたところ、その医師は言った。

 

 

あれ?糖尿病の数値がすごくいいね、心配する数値じゃない、だって。

 

 

 

言ってやったそうです。

 

薬飲んでません、って。

 

怪訝な顔して終わり、だって。

 

それをデータとしてとるわけでもなし。

 

 

 

そう、そんなものが、データ?

 

そしてそんな薬以外のものを排除したがる医療からベースから考えられていく、医療のエビデンス?に繋がるわけですよね。

 

 

こんな薬エコヒイキ発想の中で、学ばれてきたことが、

 

全て正しいかのごとくに鎮座するエビデンスにつながっていく。

 

 

治っても薬じゃなきゃメモすらしない。そりゃ薬が正しいように見えるよね。他のデータはポイ!!ですから。

 

 

 

 

ものを売るための理由じゃなきゃエビデンスって呼ばないの。

 

 

 

 

エビデンスがないから!あるから!というセリフを言う人々。

 

 

 

この考え方自体が問題だと私は思う。

 

 

自分は考えないでいいんです。言われたままに正しいと信じるんです、って人が増えれば増えるほど、

 

彼等にとってはお得。

 

 

エビデンスにしちゃえばいいんだもの。

 

都合の悪い情報は排除しちゃえばいいんだもの。

 

 

 

そんなもんがエビデンス?だとしたら、そりゃこの世の中みんな薬漬けになるわって話。ワクチン漬けにもなりますわ、って話。

 

 

コロナワクチンだって、因果関係なし、で死亡したってどれだけのデータが消されているの?

 

 

 

商業的、金儲けにならないものは、エビデンスにはしないのが基本中の基本。

 

 

 

私たちが健康に対して貢献することも邪魔者なんですよ。基本的にエビデンス社会にとっては。

 

 

 

 

エビデンスがどうって、使う前に考えてみて。

 

自分で考えたわけでもないセリフは、ある意味何かのせいにして生きる人生と同じではないかな、と。

 

1つの意見としてそういう見方があるのだと思うくらいにまずは止めるべきであり、常にどんな権威を持っているように見える情報でも精査が必要なことを忘れてはいけないと思います。

 

自分で考えることを放棄することが依存というものであり、最も私がよく言う治らない人の考え方ではないのかな、と思うのです。

 

 

勉強に依存するのも同じ。どんなに情報集めて勉強したって、結局感じてはいない、体感も体現もできていないのに、体のこと、勉強したくらいで何を語れるのでしょうか??

 

武器のように、水戸黄門様紋所のように、「エビデンスがあるから」と言う言葉は、ある意味責任放棄の言葉でもあるように私は感じます。

 

 

 

コロナワクチンとかの犠牲者が増えても仕方ない、ガンが増えても仕方ない、そう言っているような、そんなセリフに私は聞こえるのです。

 

 

もっと医療の現実に敏感になって欲しい。

言われたままに流される人が減って欲しい。

 

 

 

そんなことが実は本当の健康を作る大元なんじゃないかって思います。

 

 

やりたい放題の薬社会、この政治のあり方にも、まずは疑問を持つことが、何かが変わるスタートではないでしょうか。

 

 

 

やりたい放題のエビデンスにストップを。

 

 

 

毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

 

 

※なるりえが講師のリアル免疫力セミナーはこちらをクリック!  

 

 

 

 

※治療などの詳細はHPへ!下記ロゴマークをクリック!

 

 

 

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#鍼灸#交感神経#ビーガン#マクロビオティック#脱薬#減薬#自然治癒力#アトピー#脱ステ#ステロイド#コロナ#ウィルス#アトピー#自律神経#免疫の力#コロナワクチン#エビデンスって何

にほんブログ村 健康ブログ 免疫力・抗酸化力へ

にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。