気血免疫療法塾

気血免疫療法塾

治療家として将来に不安を感じていませんか?

ご自身の治療技術に満足されていますか?

・勤めている医院では自分のやりたい治療をさせてもらえない。

・雑用ばかりで患者さんを診させてもらえない。

・宣伝が思うようにできないので患者さんが来ない。

・保険診療から自由診療に切り替えたい。

・将来自分で独立できるか不安。

・どう治療したらいいのかわからなくなることがあって対処療法になってしまう。

・病態を把握できない。

・職場を変えようと思っても成長できる環境がない。

・現状を打破する方法を探している。

 

などなど、治療家として、現状や将来に不満や不安を持っている方は多くいらっしゃいます。

または、技術的向上をしたいと日々研鑚しているが結果が出ないという方も多いでしょう。

結構この部分って大事なところなんですけど学校では絶対に教えてくれないですよね。

 

下記の写真を見てください。

 

 IMG_5493

 

 IMG_1181

 

6 IMG_2234

 

ここまで綺麗に出来る治療技術に興味がわきませんか?

興味がわかない。またはこれくらい余裕でできるという方はお役に立てないのでスルーしてください。

 

ご興味を少しでも持たれた方、こんな結果が出せる治療家になりたい!と思われた方に朗報です!

 

当会では結果の出せる技術を習得し、将来の不安を解消できる治療家になる為の塾を開催しています!

 

この塾では〇〇だけやればいいなんてことは教えません!

人間は治るようにできているという理念のもと、技術はもちろん、話し方や考え方、将来のご自身の明確なビジョンの描き方まで学べます。

 

いち早く現状から抜け出し、新しい医療の選択肢を作るためのパイオニアになりませんか?

 

今現在、自信が無くても大丈夫!

塾を受講していく中できっと自信がついてくるはず!

資格認定試験に合格するころには、ご自身の治療技術の柱にきっとなっているはずです。 

塾生の声

東京都K先生

多数の臨床実績を残された福田稔先生の治療法を学べる唯一の塾という事で、募集が始まるかなり前から入塾を希望していました。

受講して感じたことは気血免疫療法の技術はもちろんのこと、患者さんの体質の特徴や見分け方、カウンセリングのやり方など、ほかのセミナーや研修会では得られない貴重な内容を惜しみなく教えてくださるという事です。

臨床家として成長し、高い技術と知識を身につけることのできる数少ない学びの場だと思います。

これから難病治療に携わりたいと考えている治療家の方にお勧めします。

なんとなく、ではない本物の治療法を学べるすごい塾です。

 

埼玉県T先生

アトピー、リウマチ、糖尿病、がん等、医者に宣告されたら絶望を感じるような病気をあっという間に完治させる。そんな症例の数々に衝撃を受けて入塾しました。

入塾して、見た目だけで患者の状態を大体把握できるようになり、技術面でもスキルアップできて今までより早くほぐせるようになりました。

また、治療というものは『治してあげる』のではなく、『治ろうとしてるカラダのお手伝いを全力でする』ことだと学ぶことができました。

患者の意識を『治してもらう』から『自分で治す』に変えるのは簡単なことではないですが、抜かしてはいけない大切な過程で、説明する側は相手がちゃんと理解できるように簡単な言葉を選ばなければいけないという事も教わり、練習することができました。

先生たちの、社会を本気で変えようとしている熱い決意を感じ、自分のモチベーションも上がりました。

 

 新潟県K先生

『人間は治るようにできている』 塾で学ぶうちに、その言葉を心から思えるようになりました。

なぜ病気になるのか?病気とはいったい何なのか?そこからしっかりと学ばせていただきました。

塾での講義は、講師の先生から一方的に知識を与えられるものではなく、毎回テーマに沿って塾生皆で意見を交えながら答えを探していくので、病気についての考え方や患者さんの状態のとらえ方も、講義を受けるたびに自然と身についていきました。

技術的な指導も、細かいところまで丁寧に教えていただきました。

そして治療技術はもちろんですが、気血免疫療法を行っていくうえで欠かせない基本理念や、それに伴った独特な治療の流れとテクニックなども余すところなく教えて頂けたことに本当に感謝しています。

今では、「人間は治るようにできている」の信念で、これまで治せなかった疾患の患者さんたちにちゃんと向き合って、そして気血免疫療法で治療効果を出して喜んでもらっています。

 

長野県N先生

はじめの頃は今までの知識が邪魔して難しく感じることもありましたが、気血免疫療法を学んでいくうちに病気・現代医療というものの捉え方が変わり、もっと自分たちにできる素晴らしいことがあると胸が熱くなりました。

鍼灸マッサージ師の私は全身治療をやりたいと思いながらも、どうしても人の身体をツボや筋肉で見てしまいがちでした。

この治療法を身につけていく中で、そういうものにとらわれず素直にカラダの流れが悪いところを見て、触ってその人全体を感じれるようになりました。

その人を診るだけでどういった体質なのかわかるのは1番の魅力でした。

技術・理論を勉強していく中で、他人に対してだけでなく自分の身体にもすごく興味が出てきました。

毎日の身体の変化を意識するようになり、食生活やセルフケアが楽しくなりました。

 

 

気血免疫療法の資格を取得しよう!

『人間は治るようにできている』という理念に賛同しこの治療法の普及、発展にご協力してくださる方大歓迎!

気血免疫療法会では福田 稔の手技を独自の方法で伝授し、福田 稔の技術と限りなく近い技術ができるように塾を開催しております。

 

塾に参加し手技や理論を覚え、認定試験に合格することで『気血免疫療法士』の資格を取得することができます。

現在、全国から多数の受診希望者が殺到しておりますが、気血免疫療法を施術できる療法士が足りておりません。是非皆さんの力で本当の医療を届けましょう!

『気血免疫療法士』の資格を取得した方へは、当会にお問い合わせのある現在受け切れていない気血免疫療法受診希望者様へご紹介させていただきます。

カリキュラム 

治療家の常識を覆す“脳トレ”講座

・夢と目標を実現可能にする、自分と患者のためのビジョン構築術。

・「どうしましたか?」とは聞かない!会ったらすぐに不安な患者の信頼を得る問診力。

・本当に患者のことを想っているから厳しく言ってもついてくる!的確な質問力。

・分かりやすい話で専門的な知識を説明する、患者にやさしい伝達力。

・患者の意識を高めるトーク術。

 

気血免疫療法 理論講座 

・人間は治るようにできている ・薬のいらない体づくり ・断薬、減薬に向けての体づくり

・新しい医療の選択肢とは ・人をみない医療の問題点 ・免疫を破壊する薬物の蔓延

・薬物は自律神経と血流を壊す ・対処療法が病気のスパイラルをつくる ・気持ちを殺す現代医療

・現代に病気が蔓延する理由 ・病気になる前に体はサインを出している

・未病で病気にならせないことの大切さ ・現代人の溜まる毒が病気をつくる ・病気になるまで気付かない

・自律神経の感度の鈍化 ・反応のよい体を取り戻すために ・本当の免疫力とは??

・免疫って何ですか? ・福田稔のみた免疫とは? ・白血球は免疫だ!

・白血球分画と自律神経と免疫の関係性 ・白血球のリンパ球、顆粒球で自律神経を読む

・血流こそが人が持つ本当の薬 ・人間の体内に薬は存在する ・血流をまわせる体つくり

・自律神経と血流、血液の関係性 ・自律神経が血流と血液を操作する

・血流がよくなると自律神経が整いやすくなる ・自律神経が偏ると病気になる

・交感神経体質の人がなりやすい病気 ・副交感神経体質の人がなりやすい病気

・よい交感神経、悪い交感神経、よい副交感神経、悪い交感神経とは

・自律神経を中庸に保つ大切さ ・自律神経を揺さぶる大切さ ・白血球が多い少ないで体質は大きく変わる

・白血球でみる体力の違い ・病気を治すことは体を治すこと ・病気にとらわれすぎない治療法

・自律神経と免疫の違いでなりやすい病気は変わる ・免疫は高すぎても、低すぎても病気になる

・バランスこそが免疫力 ・マインドと免疫の関係性 ・人をみて治療を変える ・体質の見分け方

・交感神経優位タイプと副交感神経優位タイプの見分け方 ・顆粒球が増えると交感神経優位になる

・リンパ球が多くなると副交感神経優位になる ・免疫状態は体や行動に表れる

・顔色、肉質、性質、行動パターンで人を体質を見分ける ・白血球分画で陰陽実虚を説く

・自律神経を陰陽で説く ・陰陽虚実で免疫と体質を読む ・気血とは? ・気と血、自律神経と血流の関係性

・気と血で体質をみる ・気の動きと血の動きの違い ・食のあり方 ・食を変えると病気が減る

・食の乱れが病気の蔓延を呼ぶ ・毒を溜めない食べ方 ・飽食時代に起きる病気

・現代の食がアレルギーをつくる ・現代の食がガンをつくる ・農薬漬けが土と体を壊す

・添加物、薬物の過剰摂取について ・サプリメントを手放そう! ・サプリは本物の食品ですか?

・本物の食材を選ぼう ・成分主義をやめよう ・成分で体が治ると思う日本の思想の偏り

・コマーシャルフードに騙されるな ・身土不二、一物全体の大切さ ・精白精製製品はアレルギーのもと

・動物性食品の過剰摂取の問題点 ・目先の利益をもとめて食事をしない ・食事は特効薬ではない

・食事は究極の基礎力である ・食事と治療との違い ・食事療法に過剰に依存する危険性

・体質をみない過剰な食事療法が病気をつくる ・陰陽虚実を間違った食事療法の恐ろしさ

・食で陰陽虚実、体質を整える ・環境と体を読んで食事を選ぶ ・食で陰陽、自律神経を整える

・中庸の食事こそが免疫ゾーン ・嗜好品が自律神経を不安定にする ・薬や添加物は自律神経を大きく乱す

・偏った栄養食品は自律神経と免疫を乱す ・日本のオーガニック化に向けて

 

気血免疫療法 技術講座

・病気で人を当てはめない治療の大切さ ・病気ではなく、体を治すことで、病気にアプローチをかける

・人の体を読んで治療する ・体質で治療は変わる ・その日の状態で治療は変わる

・治療が必要な箇所を見分ける ・毒の溜まる箇所を感じる ・体を読んで治療の効率をあげる

・目を使って人を読む ・目を使わず人の体を感じる ・磁気針を使って血流をあげる

・磁気針の使い方 ・血流をまわして自律神経を整える ・治療が必要な箇所へのアプローチの仕方

・強度のつけ方 ・体質を見分けて強度を変える ・全体の血流の通し方 ・全体を通して部分を生かす治療法

・つむじから末端に血液をつなげる ・末梢と中枢のつなげ方 ・つむじと井穴のつなげ方

・つむじがスタートポイント ・爪、井穴の大切さ ・爪もみの意義 ・体は縦で結ばれている

・血管、神経、リンパなどに沿う大切さ ・上から下に毒は流れる

・鈍化した自律神経に刺激をあたえて揺さぶりをかける ・自律神経の反応の正常化

・血流をあげて、免疫力を押し上げる ・末梢と中枢 ・つむじと井穴のつなげ方

・自律神経と免疫の違いで治療を変える ・頭熱足寒を頭寒足熱に変える ・頭熱足寒はどういう人に起きるのか

・頭寒足熱に体を整えることが自律神経と血液と免疫が整う ・気のぼせを落とす

・交感神経、副交感神経の治療の選び方 ・人をみて治療を当てはめる ・治療を人で当てはめない

・自律神経を中庸に整える方法 ・体質、体調を推測して治療を決める

・人間の体に交感神経と副交感神経のラインが存在する ・交感神経優位の人の毒の溜め方と抜き方

・副交感神経優位の人の毒の溜め方と抜き方

 

※カリキュラムは塾生の習熟状況により毎月変わります。

受講詳細

受講資格

医師、鍼灸師、柔整師など国家資格をもつ医療従事者

医学生、鍼灸学生、その他医療系国家資格を取得し将来開業したい方

国家資格を取得し本気で真実の医療を学びたい方

※学生の方の実際の治療は医療系国家資格を取得してからとなります

 

資格取得までの流れ

1、お申込み

お申込みフォームより必要事項を記入の上、お申込み下さい。

※入塾の際は履歴書・資格証明書のコピーを提出して いただきます。
※学生の方は履歴書と身分証明書、学生証のコピーを提出してください。
※ご自身の白血球分画のデータをご持参ください。

2、受講・認定試験

日時: 毎月 第 3 日曜日 (8月は変動あり)  
    10時~16時   お昼休憩1時間あり      

 

認定試験
自己申告による事前予約にて資格試験
※1年を目安に資格取得を目指して頂きます。
※受講生および資格取得者は会則に基づき活動していただきます。

3、資格取得までの費用

受講料                     ¥30,000 (+税) / 1回毎
資格試験料              ¥30,000 (+税)
※受講費用は当日 受付でお支払いください。

4、資格取得後の費用

年会費      ¥20,000 (+税) / 1年毎
更新試験料      ¥5,000 (+税) / 1年毎

 

マスターズクラス ¥20,000 (+税) / 1回毎

※マスターズクラスは年2回の開催で自由参加です。

 

第5期の募集は締め切りました!

第6期の募集開始までしばらくお待ちください!

 

  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る