BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

アトピーと薬の現実。薬は体の膿!虚弱体質は薬が効くのが仇! byなるりえ


【なるりえのひとり言 1014】 アトピーと薬の現実。薬は体の膿!虚弱体質は薬が効くのが仇!

 

うん、体弱かったよね。

 

細いしね、体温も高くないだろうし、そこまで無理も効かないだろうし。

 

でもさ、免疫は本当は頑張っていたの。

 

だからさ、アトピーになってなんとか毒を出そうとしていたの。

 

ある意味、免疫は体が少し弱かったからこそ、一生懸命に外に外に毒素を押し出したかったのね。

 

だから、アトピーがせめてもの出口だったの。

 

でもでもでもさ、しょうがないよね。

 

みんな医療を信じているから。薬使わなきゃってなるよね。

 

だからステロイドで一生懸命抑えてきた。

 

ここがどんなに免疫が頑張っていたとしても、虚弱体質の人の穴だったのかも。

 

免疫はどんなに一生懸命働こうとしても、

 

数自体は決して多くはない、それが虚弱体質の人の特徴。

 

だから、他の人と同じ薬の量だったとしても、

 

しっかり免疫が潰されちゃうんです。

 

だから、虚弱体質の人の方が、ある意味言ってみれば、

 

副作用が(より虚弱になっていくというのはあるけれど)わかりにくいんです。

 

免疫が症状として、押し出せなくなる。

 

だから、うちに初めて来た時に、

 

アトピーの症状、全然むしろ抑えらえてたんです。

 

薬が効いちゃってる!んです。ある意味。

 

免疫が抑え込まれちゃっている、いや、いたんだな、って本当に再度自覚した。

 

治療が始まって、約4ヶ月。

 

出た。

 

 

これが彼女が今まで薬で抑え付けられて、体の中でむしろ悪化して来たもの。

 

薬は膿!そして傷!なんです。

 

それが見えていないだけ。いや見せなくさせられているだけ。

 

病気の所に毒薬のっけられたと考えれば、大怪我だってことくらいわかるはずなのに、

 

表面よりも、もっと感じにくい、奥へ奥へと押し込められる。

 

けれどね、

 

体の見えない所こそ、本当は大事なハードコアなものがある場所なんです。

 

だからこそ、皮膚で覆われ、肉で覆われ守られているわけ。

  

表面に出た方がもっと安全だってこと、忘れないで!

 

これを体の奥に押し込められていたって恐怖、想像してみて。

 

薬はそんなものなんです。それをわかって使うならアリかもね。

 

わからないで使っているなら、まずは考えようよ。

  

というわけで、ここからですよ。

 

やっとこさ!出た。

 

だから、これから、ある意味本当に治る!というルート!に乗るんだと思います。実際この1週間後、かさぶたはすでに消えた。

 

(カメラが違って明るさ違いますけど、iPhoneは明るく映っちゃうな、にしても、違うでしょ?随分と!)

 

そして、アトピーの方にこれが全員出るとは言わない。

 

けれど、ちょっと人より虚弱、でも薬はしっかり使って来てしまった、

  

逆に薬が効くからこその恐怖というものをしっかり認識してほしい。

  

ちなみに私は薬を使ったりすると、数日でえらい目にあいます。反動が。

  

それが薬が効いて、何も出ない、ということほど、副作用が出ないことほど、

 

恐いのだということを、多くの人が知らない、

 

それが一番恐いことなんです。

  

毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

※なるりえが講師のリアル免疫力セミナーはこちらをクリック!  

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#鍼灸#交感神経#ビーガン#マクロビオティック#脱薬#減薬#自然治癒力#アトピー#脱ステ#ステロイド#頭寒足熱#頭熱足寒#白血球分画#副作用が出ない子は恐いこと#薬は体の膿となる

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る