BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

免疫が高くてもウィルスに狙われる?!ウィルス対策でウィルス好みの身体にならない! byなるりえ


【なるりえのひとり言 945】 免疫が高くてもウィルスに狙われる?!ウィルス対策でウィルス好みの身体にならない!

 

先日来られた患者さま。

 

あれっ!足のスジとかガチガチ!鉄パイプでも入れました?ってくらい硬くなってる。

 

それこそ、鉄とか運びました?(女性だけど)って聞いちゃいましたよ。

 

答えはこうだった。真逆。

 

ウィルス騒ぎで自宅にしかおらず、外に出たのはうちの治療にくるので久々だったと。

 

ヌヌヌ、なんか変な話。

 

体が治療も重ねてせっかくよくなってきてたのに、ウィルスによる在宅を強いられることで、ちょっと逆戻りしてない?!

  

ううむ、これでは血流不足起こしてる!

 

代謝が落ちる!

 

そして、ここから、

 

免疫のバランスのズレを起こすのですっ。

  

それこそウィルスが好く体になりかねない!

 

なんと、ウィルスにかかりやすい体って免疫低下だけじゃないの!

 

免疫物質である、

 

白血球が増えすぎてもなるし(白人は圧倒的に多いと思われる)、

 

白血球の中にあるリンパ球が増えすぎてもなる(これも白人圧倒的に多いと思われます)。

  

免疫のバランス崩れた体は、ウィルスだけじゃない、病気の好物なのだ。

 

彼女の場合、

 

もともと圧倒的な代謝不足を起こしやすい、

 

リンパ球ももともとは多かったであろう体質。

 

その代謝不足の彼女がただ家で休む、出ない、動かない、

 

これ、逆効果!

 

もっともっとそもそも偏りやすかった副交感神経を過多にさせるもの。

 

副交感神経過多にさせるような行為は、リンパ球ざわつかせすぎるもの。

 

何か彼女の代謝が悪くなったぞ?血流まわらなくなったぞ?と認識するやいなや、

 

このリンパ球ちゃん、変に頑張ろうとし始めます。

 

過剰にくしゃみやら咳やら熱やらを出して代謝の悪くなった体の毒素を発散させたいがためにあえて病気にかかりにいこうとします。

 

免疫のありがためいわく説なんですけどね。

 

もちろんウィルスは、そうなったら1番のトリガーですよね。

 

あっ、熱を出せる、咳を出せる引き金があるとウィルスに免疫がかかりにいってしまう。。。

 

もちろんうちの患者さまは今日の治療で、そのズレにお気づきになられたわけで、セーフ!なわけですが。

 

というわけで!

 

ウィルス対策の閉じこもり、ただウィルスから逃げようとすることが逆効果にならないよう、

 

特にこういうタイプの方はなんらかしら体を動かす対策、血流を落とさない体策をたてておかないとね!

 

ウィルス避けようとしたことが逆効果!なんてことにならないように!ご注意です!!

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

  


 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#鍼灸#交感神経#ビーガン#マクロビオティック#脱薬#減薬#自然治癒力#アトピー#脱ステ#ステロイド#コロナウィルス対策#逃げるだけでは逆効果になることも

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る