BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

リウマチ炎症はだしてなんぼ! 炎症は止めるものではない!出し切るもの! byなかやまひろゆき


【なかやまのぼやき 159】 リウマチ炎症はだしてなんぼ!炎症は止めるものではない!出し切るもの!

  

うちではこんなこと言っています。

 

何か身体に異変があって、それを出したいから炎症は起きてきます。

 

こういった話するとじゃあ死んでしまうくらいの強い炎症はどうしたら?

 

と聞かれることがありますが、、、その時はしょうがない

 

急性でやむを得ない物こそ西洋医学の出番だったりするのも事実です。

 

けれど、できる限りこの炎症を自分の身体の力で乗り切る。

 

すると炎症は治まってきます。

 

身体に溜まった物を出すだけ出したら身体は落ちつくんです。

 

たまったいらないものを出しきれば炎症を出す必要がなくなるのです。

 

炎症は身体からのイヤイヤ反応であり邪魔なものを一生懸命排除しようとしているんです。

 

ずっと炎症をおこすことができるのは薬。

 

炎症をなかに押し込む。

 

出したいものを出せない。

 

押し込むからまた出てくる。

 

負の連鎖・・・

 

ステロイドなんかもう典型的です。

 

私の叔父もリウマチで苦しんでいました。

 

隠して隠してきた結果。。。

 

ステロイド紫斑症に。。。

 

血管にストレスがかかると血管が壊れて内出血を起こしていました

 

なにかを持ちあげるだけで内出血がすごかったのです。

 

ステロイドを使い続ける限り、この病気は治りません。

 

ステロイドによる紫斑症って名前ですから。

 

起きてくる副作用の一つなのです。

  

目に見えるところに出てきて「マズイ」と思えたのは良かったのかな。

 

見えないところで起きていると、薬が毒だって気が付けなかったかもしれません。

  

ちなみに、叔父は「薬止める!!」といって脱薬しました。

 

抑え込んでいた炎症が出てきて苦しい思いもしましたが

 

今はもうすっかり元気になってリウマチも、紫斑症も治っています!

 

  

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#免疫の力を生かす治療#好転反応#瞑眩#交感神経#副交感神経#脱薬#減薬#デトックス#リウマチ#紫斑症#ステロイド性紫斑症

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る