BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

感じる努力なしでは自分を治すものには出会えない!出会っていても無駄にする byなるりえ


【なるりえのひとり言 899】 感じる努力なしでは自分を治すものには出会えない!出会っていても無駄にする

 

わたしはただ治ればいいので、よくわからないんで。

 

感じる努力をしなければ絶対自分にあっている方法なんて見つけられないって。

 

自分自身が感じて物事を選んでいく努力。

 

自分が感じて選ぶことが当たり前になっていないからこそ、

 

ここが治らない、ここが悪くなった、って小さなことがすべて気になるだろうし、

 

あれやこれや体の流れで起きたことも、

 

どうしたらいいんですか?と慌てる。

  

大きく体全体がよくなっていることを感じてない。

  

何も信じることができないから、他者にすくってもらおうとその心配を逐一出していく。

 

でもこれこそ心配が止まらないループの始まりだってわたしは思っている。それがまた病気を作る原因を作っていくだけ。

 

その逆も言える。

 

自分で感じて選ぶものだと思っていないから、

 

あの先生がこう言った、

 

治ると言われたから、具合がずっと悪いけれど治るんだと思ってやっている。

 

意味のない、根拠のない、信ずる、ってやつだと思うのです。

 

全然体にあっていなくても、癌に効く、アトピーに効くと言われたからと、

 

ますます弱っていっている体にも気がつかず進んでいく。

 

体の答え合わせが全く合っていないのに、拒否反応を起こしていても、尚、

 

治ると言われたから・・・、と。頑張る。なぜ?

 

それだって言ってみれば考えていない、感じてもいないからこそ。治ればいいということだけだったのではないでしょうか。

 

頑張れば治ると言われたからと。

 

それならもっと感じることを頑張って欲しかったと思ってしまうことがすごくあるのです。実際。

  

一体誰の体?なの??

 

細胞ってほんとは叫んでいるよね、やめてけれーとかって。聞かないできたんだよね。

  

自分の体なんだから自分が感じる!

 

そこの気づきが体が変わる本当のスタートなんじゃないかな。

 

治療をする側自体もそこからスタートさせるようにしていくことが治療のスタートなんじゃないのかな。

 

治ればいい?

 

そんなこと誰だって思っている。

 

でも、それでは出会えないんだよね。

 

出会っていたとしても、自分が感じていなければ、見逃す。

 

都合の悪いことが少し起きれば、今度は疑う。

 

見抜けない。少しの揺れでガタガタと崩れていく。

  

自分にとっての本物に出会って欲しいんです。

 

だから感じる努力をすること。体の声を聞くこと。自分をどんどん研究すること。

  

そんな人間でいさせないようとするのが現代医療。

 

感じたら、薬を使わない人は減ってしまうもの。

 

薬を使えば使うほど感じなくなる。

  

考えてもらったら困るんです。感じてもらっては困るんです。

  

現代医療じゃなくてもそう、食事療法だってそう。

 

減塩?スムージー?ゲルソン?人参ジュース?

 

なんで?どうして?

 

体で感じているの?自分の体の声はどうなの?

 

体は冷えて蒼白、氷のようになってもどうして続けているの?人参ジュースで真っ黄色とかね。

 

体の答え合わせは間違っている!って叫んでいるよね?

 

感じているのはずなのにそれを感じようとしていない。

 

だって、治るって言われたから、と。。。

 

体の声無視してなにが始まる?

 

本能の声がちゃんとよろこんでますか??

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#鍼灸

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る