BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

猫悪性リンパ腫皮膚に顔出した!?好転反応? byなるりえ


【なるりえのワンニャン免疫雑論 34】 猫悪性リンパ腫皮膚に顔出した!?好転反応?
 (10月25日アメブロ投稿、よかったらアメブロも登録してね→ameblo.jp/kiketsukai/entry-12539129072.html
 
今また猫治療に向かっております。合間時間使ってこんな時はまめさがモノを言う。
 
先日ヒヤっとする状態になったものの、治療後オモチャを加えるというちょっと回復傾向の現象をみせたF君。
 
その後、少しはご飯食べれるくらいの様子はみせたとのこと。
  
そして、なにより言われて驚いたのは、肝臓の反応点あたりしっかり治療したので、そこから、なにやら玉のようなものが出てきて、あきらかにコリではないレベルで手に触れるというのだ。
 
それが出たら普通なら、ヒッとするところだが、飼い主は冷静だった。
 
なんか、ちょっと元気になってるのよ、、、あきらかに解毒だよね、、、って。
 
にゃにー、そんなことがっ、とまたみにいかせてもらうと、もうその日には皮膚に出てきていた。
 
{C91466C6-777B-464F-BE56-9148BC7C4116}

{8908174B-52EA-40FE-B8E6-29F70ECBBAEB}

肝臓はいってる脇腹あたり。これ肝臓に転移していた悪性リンパ腫の片割れじゃない?!

 
人間もそうだけど、体がゆるまって副交感神経優位になってくると、こうやって皮膚から解毒しようとし始めるのは見慣れた現象。
 
でも、まさか猫にも本当に起こるのね。
 
中の肉にも癒着してないし、この手のものなら完全取る自信あり!とちょっと希望を見た。
 
しかし、慌ててはいけない。
 
悪性リンパ腫で、具合が悪かったともなると、体力的には落ちてるからね。少しずつ解毒しよう!と落ち着いてみる。
 
しかし、この子治療の最中にお菓子食べてるよ…
 
しかも、歩くスピードもヨロヨロしてたのに、かなりしっかりしてきてるし、しかも太った?よね。
 
なーんて、状態だったのです!
 
さて、今日はどんな感じかな。治療は本当に確実に波に乗せるまでいつもいつもドキドキ。
 
心配性のわたしには心臓に悪いが、まあでも、このいちいち心配性だからこそ、疑いながらそれでも確実なものを求めてここまできたから、今があるんだろうなあ。
 
好転反応ってさ、紙一重なところもあるからね、好転反応だからと安心して投げる治療家なんて信じられない、
 
好転反応をいかに早く好転させるかができないとね!
 
あくまで好転反応ってひどい場合は峠みたいなところがあるから、体力負けしたら負けることだってあるの。
 
でも、絶対に勝たせる!勝たせたい!勝っててくれよ!
 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

 

 

免疫#脱薬#減薬#ステロイド#常識こそが非常識#お灸#磁気#鍼#猫#猫治療#余命宣告は越えられる#私はまじで治す気で治療してます#磁気治療#ソーケンリラックス#悪性リンパ腫#猫治療#好転反応を好転させる

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る