BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

玄米を毒にしないための揺らし食い!雑穀プラスの一物全体のままで byなるりえ


【なるりえのなまぐさマクロ 263】 玄米を毒にしないための揺らし食い!雑穀プラスの一物全体のままで

 

全てのものに毒なんてあるんですよ。はっきり言ってどんなにいいという食べ物にだって。

 

だからね、それに勝てない体だと、

 

それに負けちゃって、

 

やれ玄米食べたら、痩せた、貧血起こした、なんてことをが言われちゃったりする。

 

でも、それって、食べ方にもよると思うんですよ。

 

他のものとの組み合わせ方とか、頻度もね。

 

でも、この世の中進め方が狂っている。

 

何か一個がよければ、ソレソレソレ!!!

 

散々その食べ物がいいと言っていた挙句、

 

今度はその食べ物の何かが悪い!!と叫ぶ。

 

玄米のフィチン酸事変なんかはまさにソレチーン

 

玄米食べればガンが治るー!!と言ったかと思えば、

 

玄米で病気になるー!!と始まる。

 

どっちも極論だよ雷

 

ガンは突然玄米食べて治るってものでもないし、

 

自分にとっての使用法あってなきゃ全ては毒になる。

 

自分の体質も読んでないわ、一辺倒に食べるわ、このやり方が食べ物を毒に変えるやり方チーンにんじんジュースの大量飲みだってそうですよ。 

 

で、今度はね、

 

変に操作したもの、その毒素になるところは省いた商品じゃなくて、

 

発芽すでにしてあって消化がいいとかでもなく、

 

ロウカット玄米とかじゃなくて、

 

そういう人間の都合のよい操作とかじゃなくて、

 

一物全体のままで地球、

 

補えるやり方ってあると思うんです。

  

やっぱり私にとって玄米はやっぱり常食おにぎり

 

これをベースに取り入れるとしても、やっぱり、必要なのは、

 

特にデトックス能力が弱め、体力弱め、の人にはもっと必要かな、

 

揺らし!食い!だと思うのです。

 

日替わり?いや週代わりだっていい。

 

玄米の中にもプラス、

 

あずき、ひえ、あわ、きび、ハトムギ、大麦、たかきび、赤米、黒米、

 

私はアメリカ時代は、栗や蓮の実なんかも入れていたなぁ、

 

違う要素のバランス、穀物や種子などの似た者同士でも、ちょっとずれて、違う栄養素が入ってくるもの、とコンビネーションを組ませる。

 

これ、揺らし!なんですよ。

 

(玄米じゃなくても、海藻だってそうですよ。

 

ひじきがいいと言われた、めかぶがいいと言われた、やれフコイダンが入ってるものがいいと言われたから、じゃない。

 

揺らすんです。ひじき、めかぶ、もずく、あらめ、わかめ、昆布、青のり、色々あるように。)

 

雑穀って思っている以上に栄養素高い。

 

フィチン酸もあるけど、ミネラル、ビタミンとかも豊富だったりね。

 

究極、玄米炊く時の塩だって、変えたりね。

 

沖縄の塩にしてみたり、新潟の藻塩にしてみたり、韓国の焼き塩入れてみたり、昆布も加えたりね。

 

いろんなタイプのミネラルが入る。

 

何か都合の悪いものを取るのではなく、

 

補って、揺らす。

 

なんて言うのかな、体が毒と思わせないように、複雑化させてあげるんです、と言うのかな。

 

一個のものだけを食べすぎていると、

 

(これスーパー感覚なんですけど、この感覚で、人も治療し続けてますからね、この肉体で感じるメッセージは外せない、いちいち勉強でしか物事言えない方が合ってないことが多いよね、だって感じてないんだもの、食べる感覚とかってどっちかと言うと運動的な感覚的要素の強いものだと思うんですよね)、

  

人間って栄養の吸収率も悪くなったり、

 

その食べ物を毒として認識しちゃう感じというのかな。

 

だからこそ、複雑化させて揺らすことで、きちんと栄養を吸収させ続ける体の状態を保つことが大切と感じるんです。

 

何かを削る、ってことではなく、一物全体を重ね合わせてこその、

 

揺らし食い!

 

取り入れてみて〜

 

人間はいろんな要素が入った方がやっぱり強くなりますからね!

 

時に、半断食みたいな場合はシンプルにすることが大切なんですが、

 

結局、免疫の幅はこの揺らしの幅。

 

これが植物性の食生活でも免疫力を低下させない大切な方法だと思うのです。

 

 

※毎月第1日曜日開催のリアル免疫力セミナーにぜひご参加ください!

  

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#花粉症#交感神経#副交感神経#エコ#vegan#ビーガン#マクロビオティック#脱薬#減薬#オーガニック#ヴィーガン#乳がん#揺らし食い#玄米菜食#一個食いは毒素になる#一物全体#雑穀#極論より中庸

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る