BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

アトピーも潰瘍性大腸炎もリウマチも兄弟! byなるりえ NEW


 
【なるりえのひとり言 876】 アトピーも潰瘍性大腸炎もリウマチも兄弟!

 

アレルギーも、アトピーも、皮膚炎も、蕁麻疹も、鼻炎も、扁桃炎も、自己免疫疾患(リウマチも膠原病も)、潰瘍性大腸炎やら皮膚筋炎やら多くの難病も、究極多くの乳がん(特にホルモン性)や多くの粘膜に起きる癌、皮膚ガンなども、

 

兄弟です。

  

副交感神経ってどちらかというと女性的なので兄弟てはなく姉妹な感じもするけど、そこはさておいて。

 

リンパ球の働きが活発な副交感神経優位型の人に起きやすい病気。

 

性格ではなくあくまで体質ね!わたしは攻撃的だから交感神経という話はさておいてもらって。

  

これらの何かが起きた時に薬で抑えていくと、

 

多くはこれらのどれかに逃げます。

  

これが、まずは病気を繰り返すシステム。体質の中で病気を繰り返す。

 

もちろん同じ病気を繰り返す場合も多いです。

 

まずは副交感神経優位型の人ならこの副交感神経優位の病気の中で右往左往します。

 

けれど、病院は一つ一つだと思い、

 

一つ一つを潰そうとして、病気を繰り返させている。

 

違う病気になれば、違う科へと。たらい回し。

 

治すところは1つなのに! 

 

ほんとに申し訳ないけれど、

 

例に出させていただけるなら、

 

堀ちえみさんなんかは、まさに副交感神経優位の人。

  

だからこそ、だと思うのです。

 

でも彼女は心から治るものは薬だと信じているから。

 

でも終わりが見えてこないのはどうしてなのか。 

 

そして、うちに来ている患者さん、

 

ほんとに、この経路をたどる人が多いのです。

 

花粉症やアレルギーを抑えるためにアレルギー薬飲んでいた、

 

そして生活にストレスがかかったと思ったら、乳がんに。

 

そして、最近すごく多いな、と思われるのが、

 

潰瘍性大腸炎と皮膚炎のからみだったり。

 

潰瘍性大腸炎を10年間薬で抑えた結果の、もっと強い難病であったり。

 

だからこそ、

 

病気は軽いうちに薬で治さない!!!

 

ことが大切。

 

究極は風邪がスタートかもしれません。

 

軽い症状のうちに自分の免疫で自分で勝てるようにつくって、

 

そしてこのループを止める。

 

恐いのは、ループに気付かず、本当に薬で抑え切った時に、

 

免疫の働きが抑え切られたゆえの、もっと治りずらい交感神経優位の病気に切り替わるのです。

 

副交感神経優位で起きる病気は、あえて毒素を排出させたいがゆえに免疫が働いて起きているものなのです。

 

どんどん重くなる前に、ガンになる前に、ストップです!

  

 

リアル免疫力セミナー毎月第1に日曜日開催です!次回は10月6日開催です!

 

 

毎月第1日曜日開催のリアル免疫力セミナーにぜひご参加ください!

  

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#お灸#東洋医学#鍼灸#ステロイド#薬で抑えると病気を繰り返す#堀ちえみ#交感神経優位の病気になる前に#体質が病気をつくる

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る