BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

ヘルニア、狭窄症手術からの大惨事。鬱も起きる byなるりえ


【なるりえのひとり言 859】 ヘルニア、狭窄症手術からの大惨事。鬱も起きる

 

最近、ネプチューンの名倉さんがおやすみされた理由、

 

頚椎ヘルニアの手術からの鬱。

 (腰かと思ってたけど違いました!コメントありがとうございます!)

 

そもそも悪くなったのは血流の問題なのに、

 

手術をすれば血流は恐ろしいほど悪化させる。

 

人の体にメスを入れるということは、開いてはいけない人間の体内を空気に触れさせ、結果恐ろしい活性酸素を生むことになる。

 

血液状態は当然活性酸素に晒され恐ろしく悪くなる。

 

当然大切な免疫であるリンパ球もガタ落ちする、という事実を知ってのことだろうか。

 

中枢近くの手術となれば、露骨にその近辺を通過している自律神経も大いにして狂わされてしまう。ただでさえ切るというストレスでも狂うのにね。

 

精神的にも不安定になるのは当然のことなのです。

 

ヘルニアの手術だけに関わらず、手術後の鬱ってすごく見られることなんですよ。

 

なぜ、手術という選択肢だったのだろう。

 

最近は簡単にできて!などどいう手術の宣伝が激しいようですが、そんなに簡単なことではないということに気がつかないと。

 

ちなみに私の所にいらしている、

 

脊柱管狭窄症で、間欠性跛行(5分も歩けないから休まないといけない)が起きてしまった患者さんは、

 

杖ついて歩くのがやっとこさだったのに見事に歩けなかったのが今やスイスイと歩いている。

 

何より体調がいいんだって。結果他もよくなってくるので、糖尿の数値も下がったりと、運動すらできなかったのに、今はトレーニングまで加えている。

 

でもね、ここから本当に悔やまれる話なんですけれど、、、

 

同じ脊柱管狭窄症の症状を持ったお友達がいらっしゃって、ご紹介いただいたんです。ちょっと前の話になりますが。

 

けれど、うちで治療を続けていくうちに、

 

その方、足腰自体はよく歩けなかったのも調子がよくなってきてはいたのですが、

 

起きてきた全身のかゆみ、

 

そして、皮膚にも炎症がいっぱい出てきたんです。

 

当時、うちでのルールもちょっと違って、彼はセミナーや、カウンセリングなどをきちんと受けた状態でいらしゃってなかったんですね。

 

だから、怖くなってしまったのだと思います。

 

腰だけ治したかったのに、なんだ!これは、変な皮膚炎になったぞ、毒出しと言われても本当にそうなのかわからない・・・、って。皮膚科にいって薬を塗ったほうがいいんじゃないかって。

 

でもね、それは、ストレス物質や老廃物が体中に詰まっていたからこそ、その脊柱管狭窄症は起きたんです。

 

体中に詰まっていた色々な毒素が体を治すために排出されきて、今一度、治る体になるために掃除を始めただけなんです。

 

腰を治すのには今この毒素を出さなきゃって

そう免疫が判断したんです。

 

その免疫の判断が好転反応というものなんです。

 

でもそれが理解できなかった。

 

治療が怖い!となってしまったんですね。

 

で、後日、その治った方の方から聞いたのですが、

 

手術されたそうで、

 

その後予後が非常に悪く、ますます歩けなくなってしまったとのこと。そして、精神的にも塞いじゃっているみたいとお聞きしたのでした。

 

あの時、解毒してこそ初めて症状は解除されるということをもう少し説得できていればと思いました。

 

でも見たこともない好転反応という現象を信じきれなかった…

 

体を治してくということは都合のいいことばかりではないことは事実。私たちのような治療は好転反応がもっともっと辛いものだってある。

 

でも、乗り越えた時に希望が見えるんです。

  

いま簡単にうたわれて、

 

いとも簡単に見える手術。

 

それが実はどれだけ、体にダメージを与え、そして、神経も血流も全て壊し、その結果の精神的ダメージ、鬱すら生むということ。

 

名倉さんの事例は珍しいことなんかじゃない。

  

メスという刃物を使うことは肉体にとっても精神にとっても大きなダメージであるということを忘れてはいけない。

 

人間の体の中は神の領域。人間が勝手に開いたりいじったりしてはいけないからこそ、隠されているのではないでしょうか。

  

名倉さん、うちこないかなあ、ひとり言

 

ネプチューン応援!

 

毎月第1日曜日開催のリアル免疫力セミナーにぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#交感神経#副交感神経#リンパ球#鍼#お灸#東洋医学#鍼灸#養生#手術で鬱#人間の体内は神の領域#ネプチューン#名倉潤

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る