BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

福田稔からみせてもらった免疫治療! byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 41】 福田稔からみせてもらった免疫治療!
 
今の世の中こそ、免疫だとようやく騒がれるようになってきた。
けれど、それに応じた免疫ビジネスが横行しているような気がしてならない。
 
わたしにとってかもしれないが、人間には力が眠っている。
それが免疫という力。
 
それを引き出すことが、治療家としてできることなのではないか、と思っている。
免疫を引き出すスイッチをかけるのが役目。
そしてその人の体の力があらゆる症状にアプローチしていくのだ。
 
しかしながらどうであろう。
今の免疫医療の多くは、その人の力を引き出すのではなく、なにかをとってつければ免疫がつくとでも思っているのだろうか。
機械や、サプリやら、水素やら、高濃度ビタミンCやら。。
 
免疫は得体の知れない化学から生まれるのではないと少なくともわたしは信じている。
バケガクですよ。リアルじゃない。
または人を型にはめたような治療だけでは実情なかなか免疫は引き出せない。
 
免疫療法の中には、リンパ球を取り出して培養し、そして体に入れるといったやり方もある。
けれども、血というものは自分の体という土壌から生まれるものだ。
それができていない状態でリンパ球というものを無理に増やして入れたとしても本質的にはなにも体は変わってないのではないだろうか。
それは「疑似のリンパ球」という薬を突っ込んだようにしか、わたしには見えないのだ。
 
一瞬そういった治療に体をだまされるかもしれない、しかしながら体もバカじゃない。
最終的にはだまされてなんかいない、体はとても賢くトリックには必ずなんらかの形でしっぺ返しをしてくる。
本質にアプローチがかからない限りイタチごっこは終わらないのだ。
 
免疫がその場さえ薬のように働けばいい?その場さえ病気が抑え込めればいい?
それでは免疫治療は今の薬社会とほぼ同様になってはいないだろうか。
免疫って人間から湧き立つものではないの??
 
今の世の中、理論を語る医師の方々はいても、自らの手を使い、免疫を引き出す医者をわたしはたった一人しか見たことがない。それが(故)福田稔。
 
汗水ながして、一気に集中力上げて、必死で体でぶつかって、カラダ!目覚めろっ!と言わんばかりに治療する。
そんな医者をわたしはみたことことがないのだ。
これが治療パワーだと思った。もちろん治療内容はそれだけではないですけどね。
 
今でも思い出す。なぜ今の医者は本気で治療してあげないんだ、どうして触らないのか、と言っていたことを。治療が終わった後、患者さんが笑顔になる、そんな治療をしてあげろ、と。
 
先日わたしが患者さんから言われた一言。これはちなみに自慢です(´・ω・`)
「希望を求めて治療を何箇所も色々周ってきた、けれど今日みたいに、これなら本当に変われるかもしれない!と思えたのは初めてです。光が初めて見えました。」と。

本当にそこにあったのは笑顔でしたよ。

 
追伸:福田稔は父でありますが、ひいき目ではありませんよ。わたしは治療家でありますが、その前に厳しく鋭い目を持つ超治療受けマニアです。そこの嗅覚ヤバいです。親といえども容赦しまへん。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る