BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

ステロイドからプロトピック?薬から薬に逃げても最終的な答えは同じ byなるりえ


【なるりえのひとり言 829】 ステロイドからプロトピック?薬から薬に逃げても最終的な答えは同じ

 

プロトピックはステロイドじゃないよ!だから大丈夫、って言われたそう。

 

あー、なんでもかんでも薬。プロトピックって免疫抑制剤だって。

 

免疫抑制してよくなる体ってあるの?

 

で、ステロイドじゃないから、プロトピック?(タクロリムスというものらしい)?

 

ホルモン剤じゃないからホルモンによる害はない?

 

そういう問題じゃないよ。

 

最終的にその場は効いても答えは同じだと思う。

 

こんなことが書いてある。

 

・タクロリムスはステロイドとは違って体内で産生されるものではく、大きな特徴は皮膚萎縮をきたさない

 

・特に顔面での「赤ら顔」と言われている潮紅の強い急性炎症性皮膚炎に著明な効果を発揮する

・専門医の定番治療ではプロトピック軟膏0.1%を顔面に1日2回塗布することとして3日目で改善の兆しが現れ、1週間で著明改善といえるほどの効果が得られる

 

・外出がはばかられる成人アトピーの女性には朗報

 

・顔面難治性の改善効果が期待できる

・体内産性物質ではないので全身的副作用の回避といった特徴も大きい

 

・タクロリムス軟膏のもう一つの特性は、ステロイドよりも大きな構造(分子量が大きい)をしているため、バリア機能の回復した健康な皮膚表面からは、ほとんど体内に吸収されない。従がって全身性の副作用をおこすことは、あまりない

 

などとずいぶんと調子のよいことが書かれている。

 

私もこのプロトピックという薬のことを最近とある患者さんが来るまで知らなかった。

 

ステロイドじゃないから大丈夫!っていうその言葉でずーっと使ったって。

 

私にとってはステロイドでもステロイドじゃなくても、体を化学の力で操作するということは必ずしっぺ返しのあるものと考えているので関係ないんだけれど、

 

その方の手の写真お借りしました。

  

{65A30998-C95F-45E1-A3EA-27C5E77A5E0F}

 

これ治ってます?

書かれていること合ってます?

女性に朗報?

 

免疫は低下しきって、潤いも何もない。

 

気持ちも焦燥感にかられ、眠れない、塞ぎ込む。

 

こんな状態で病気って治る状態ですか?

 

ちなみに、こんな女性にとっての朗報のはずが、どっこいこんなことが書いてある。どっちなんじゃ!って話。

 

副作用:

 

皮膚刺激感、皮膚熱感、皮膚灼熱感、皮膚ほてり感、皮膚疼痛、皮膚ヒリヒリ感、皮膚がしみる、毛嚢炎、ざ瘡、カポジ水痘様発疹症、単純疱疹

 

皮膚そう痒感、皮膚感染症、皮膚細菌性感染症、伝染性膿痂疹、皮膚ウイルス性感染症、皮膚真菌性感染症、皮膚白癬、ざ瘡様皮疹、丘疹、皮膚乾燥、接触性皮膚炎、紅斑、高度の皮膚刺激感が持続、酒さ様皮膚炎、適用部位浮腫、皮膚以外の感染症、上気道炎、リンパ節炎、頭痛、頭重感

 

こっちが正解でしょ?

 

というより、薬から薬に逃げても答えは一緒だと思う。

 

私が提示している選択肢はそこじゃないものなんです。

 

ただし!!!確かにこういった薬擁護のサイトの言っていることも私はわかるのだ。

 

これらのサイトもむやみやたらに薬をやめてリバウンドして出るのは今まで薬が効いていたからとかって何やら怒っている。

 

 うん、自然療法だからいい、自然の力を信じて自分で治す、たって元々症状が出たのには理由があるわけで、

 

そこをついて体自体を整えていくってならない治療や食事療法したって治らないことがほとんど。

 

誤った自然療法の被害者は多く、実際ちゃんと治療を考えているというところは非常に少ないということも事実だと思う。

 

自然の力はあれども引き出し方を間違えばそれも毒!なのである。

 

しかし、ステロイドがダメなら免疫抑制剤に逃げるという病院の常套手段はなんなのかな。

 

私が提示している選択肢は狂った働きをしている免疫を整える選択肢です。

 

 

毎月第1日曜日開催のリアル免疫力セミナーにぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#爪もみ#花粉症#交感神経#副交感神経#リンパ球#顆粒球#抗がん剤#治プロトピック#免疫抑制剤#免疫抑制して治る体はあるのか#ステロイド#タクロリムス

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る