BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

抗生剤1週間が手厚い看護?もっと免疫ひきだそう! byなるりえ


【なるりえのワンニャン免疫雑論 22】  抗生剤1週間が手厚い看護?もっと免疫ひきだそう!

 

うちの半年の子猫ちゃんが避妊手術を受けた。

 

ごめんな、人間の勝手で、子猫倍増とかさせるわけにはいかず。

 

痛々しい。

 

しかも一日入院なんて初めてのこと。

 

一体置いていかれて何をされるんだろう、いつ迎えに来るんだろう、もう来ないかもしれない、どこへ連れていかれるの?って疑ったよね。

 

母さん、胸が痛かった。

 

{CE867280-FB7C-4089-829A-7F9474C678BA}

退院後ずっと離れないで顔を埋めるほどビッタリくっついて寝てる。

 

本当の傷以上にそのメンタリティの傷、わたしも痛かった。

 

周りはバカ親と笑っているけど、胸がくるしいよ。

 

さて、彼女のメンタリティはさておき、現実問題の話。

 

手術後、化膿止めとして出た1週間もの抗生剤。

 

1週間?!

 

すっかり弱って寝てばかりの子にさらなる薬の追い込みもキツイ。罪悪感が止まらない。

 

ただ、本当に子宮、卵巣という内臓を取り出すわけですからね、簡単に薬使わない、とも言い切れない状況。

 

ただ、1週間?!そこまで、本来免疫の作業を薬で全てまかなわさせるのには激しく疑問。

 

しかも、外猫ちゃんを保護して避妊してリリースした時なんて、

 

抜糸もなし、抗生剤もなし、そのままリリースだったのに。おかしくない??ほんとはそれだけ免疫持ってるってわかってるじゃん。

 

手厚い看護というものが、薬って、なんか矛盾してる気が。。。

 

というわけで、退院後、弱って冷えていた体に(耳なんて氷みたいだった、ちなみに耳は腎を表し、生殖器などもつかさどる、、、当たってる…)、夜中も気づいた時に磁気で優しめにマッサージ。何度も繰り返した。

 

そうやって少しでも免疫が落ちないよう早めに作業開始。

 

そして、昨日の時点で、傷にも問題なしと診断。

 

抗生剤、2日半でやめました。

 

もう十分。あとは彼女の免疫とわたしのサポートで十分だと思う。

 

抗生剤を思い切ってストップすることで免疫狂わせる罪悪感の気持ちも止まったし、

 

なによりこれ以上の薬は、免疫にも体自体にも逆の虐待だよ。

 

抗生剤やめて1日、

 

ぜんっぜん違う。

 

それは旦那も、足のオボつき急になくなったなって。

 

毛並みもって。

 

耳の顕著な冷えもとれてる!もちろん傷も癒えて時間がたったということもあるけれどね。

 

でも、感じるの。完全な違いだなー。

 

背中の経絡、

 

薬やめた途端に、開いた…

 

完全通った。

 

キタでしょ!

 

菌をやっつける力はもう免疫の力で十分!生き物の持てる力を信じます。 

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#鍼灸#猫#動物に薬使うの当たり前だと思わないで#猫の反応力#猫の免疫#猫風邪#脱薬#減薬#ステロイド#常識こそが非常識#お灸#磁気#鍼#東洋医学#抗生物質#手厚い看護が抗生物質って

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る