BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

私が自律神経失調してきたワケ!自発系ステロイド過剰放出のツケ! byなるりえ


【なるりえのひとり言 706】  私が自律神経失調してきたワケ!自発系ステロイド過剰放出のツケ!

 

そうだよねぇ。。。。。

 

私ってそりゃ自律神経失調するワケよねぇ。と、しみじみ思い出したりしてみた。

 

もちろん食べ方なんかももちろん第一に大切なところではありますが、

 

私、コレがひどかったってのがあります。

 

ステロイド!!!塗る方じゃなく、自分から出す方。

 

いまだにね、あるんです・・・

 

あのステロイドホルモン(糖質コルチコイド)が体から放出されて、ゾッとする瞬間。体が緊張でスタックして動けなくなるような感覚。

 

きっとコレがトラウマってやつなのですが、

 

夢でも、、、

 

「お前卒論提出されてないよ」「実は大学卒業できてませんでした」「単位が足りません」「遅刻が多くて出席になってませんでした」

 

とか、

 

「鍼の免許は取れてませんでした」「あなたは無免許で」とか、

 

が、が、が、がーん((((;゚Д゚)))))))

 

となり、心臓が締め付けられる。

 

起きた瞬間、、、助かった、、、と息をつく。

 

こんな夢をいまだにみるのも、

 

私は親のゆうことを一切聞かなかったからだね。

 

ちゃんと準備しなさい!もっと前からやりなさい!

 

ということを一切無視し、

 

いつもテストギリギリで追い込み勉強、しかも大学の卒論に関しては、2週間前までゴロゴロしてみました。やりたくないなぁ、って。

 

結果、2週間でできるような代物ではないので、

 

激しく体力も精神も崩壊。

 

そして、しまいには、幻覚までみるようになりました。

 

なんとか2週間で卒論を仕上げたものの、

 

終わったはずなのに、お風呂に入っていたらお風呂に文房具が浮いてるんです。コレ幻覚ね。ノイローゼです。

 

そして、寝ても、卒論やらなきゃ!と飛び起きる。

 

・・・・・・、こんな事ばかり、してきたんです。

 

コレ、本当に最悪ね!

 

自律神経超交感神経ドライブに入れて、

 

ギリギリに物事仕上げて人生得してる!と思ったら、

 

とんでもない、

 

自律神経は完全失調( *`ω´)

 

長年積み重ねた後遺症は本当にまずかった・・・

 

ただでさえ、ステロイドが悪い!と言われているこの世の中、

 

自らあんなに緊張ホルモンを放出してきたなんて!

 

私のバカバカバカ!お父さん、お母さん、だらしなくてごめんなさい!

 

と思ったのでした。

 

一時期なんて、なぜか高血圧出てましたからね。当たり前ですよね、交感神経ドライブ入れまくってるんですもんね。

 

お医者さんが見かけと違う血圧に首を傾げてました。

 

いやぁ、本当に取り戻すの大変でしたよ・・・

 

でもね、得した事と言えば、

 

糖質コルチコイド、お化けをみたときゾッとするようなあの感覚、いわゆるステロイドが出ているという事がこの感覚なんだと肉体でわかったという事、

 

そして、自分でそれをなんとか取り返すべく動いた!その経験!

 

だから、さらに言えるのは!

 

自然でもなんでもない人工ステロイドで病気が治るなんて絶対嘘だって思える事!

  

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#副交感神経#交感神経#赤血球#白血球#バランス#ステロイド#糖質コルチコイド#ギリギリ活動は体を壊します#でもなかなか実際はやめられない#けれども自律神経はきちんとバランス取るよう戻します#こんな経験が意外と仕事に役立つ#体がゾッとして治る体はない#身動きできなくなるホルモンがステロイド#ステロイドで病気が治らないわけ#交感神経入れ過ぎれば高血圧にもなる

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る