BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

リウマチは先にいい炎症を起こして超える!終わらない炎症はない! byなるりえ


【なるりえのひとり言 687】 リウマチは先にいい炎症を起こして超える!終わらない炎症はない!

 

リウマチ・・・、痛い、、、辛い、、、

 

そして、特に女性が多い疾患。

 

往々にして、このタイプの疾患にかかりやすい人の特徴がある。

 

女の人っぽい?女性っぽいっていう感じです。

 

どちらかというとほっそりしている感じの人。筋力もつきにくい感じ。激しい運動は苦手。

 

(蛇足ですがわたしはペンを持っても筋肉がつきます、運動も得意です、だからおそらくリウマチにはかかりにくい方の体質)

 

わたし的免疫的観点から言えば、リウマチになりやすい人の多くが、

 

白血球は少なめだけれども、リンパ球の割合は多めの人、

 

そもそものスタートはそんな体質だった、、、という人(その後リウマチ症状などで体の状態が崩れ具合の悪い状況が続いたり、薬を多用すると数値は変化しますが、そもそものオリジナルはここということですね)。

 

白血球は少ないけれど、リンパ球の割合は多い、、、

 

それってどんなん?というと、

 

体力やバイタリティはそんなにないし、疲れやすかったりと、

 

いわゆる虚の体質ではありますが、

 

リンパ球の割合が多いゆえ、結構な免疫が敏感に反応するタイプでもあります。

 

決して免疫自体が弱いわけではない。それは本人の体力とは裏腹に。(もちろん体力がバンバンある人のリウマチもありますけれどね)

 

というわけで、先日の私のコースを受けていただいたリウマチの患者さん。

 

プレミアコースといって、普通の治療よりあれやこれやフルコースな感じのもの。

 

わたしオンリーのコースなので、ガッツリバッツリ治療入れてみました。

 

ピストルに打たれているみたい( *`ω´)、とか、そんなにわたしはひどいのかという感想をおっしゃられていましたが、

 

そう、、、虚の体質の人にそんなピストルばりの治療したの?!と驚かれそうですが、

 

リウマチで炎症を起こすくらいなら、わたしが先にいい炎症を起こさせて、毒を先に出させてしまおう!という魂胆なのです。

 

悪い炎症というものは、一箇所に悪い血液が集まって燃える!どんどん固定した痛みを発する!というもの。

 

それに対して、いい炎症というものは、治療などでガッと刺激を受けることによって、一箇所に止まろうとせず、逆いゆるまって外に出ていこうとするもの。

 

よって、ゆるまって外に出るために、症状が逆に出たり、痛みも表面に来るためによりクリアになるなど好転反応的なものは起きたりすることもあるものの、

 

悪い物質が体から抜けていくスピードは明らかに早まります。

 

一箇所に集まって、固まって止まって炎症を起こして痛みを発塩続ける、そんな状態を薬で抑え込む((((;゚Д゚)))))))

 

全身のダメージどころか、その炎症はますます出口を失っていくので、その場にどんどん固定されていってしまいます。

 

虚の体にはキツイ薬のダメージは、ますます虚の体質を助長させ、さらに毒素は押し込められていく。

 

よくなるどころかその先には本当に歩けなくなってしまうことは本当にざらなのです。。。

 

わたしは言いました。というか、普段からよく言っているのですが、

 

「終わらない炎症はない!」と。

 

そう、炎症は出し切れば絶対に終わるんですっ!だからいい炎症をさっさと起こさせて先回りするのです。

 

だから、どんどん刺激して免疫が活性化するようないい炎症を起こして、体が炎症を起こさねば( *`ω´)なんて思う状況を無くしてしまえばいいのです。

 

 だって、炎症ってそもそもなんで起きるか・・・、

 

毒を出したいからなんです。

 

出せばいつかは終わるんです!

 

それを止めているのは薬です!

 

治らないのは当然のことですよね。

 

そもそも、虚の体質というものは非常に自分で解毒をしにくい体。というのはただでさえ体はエネルギーを温存しようとするもの。

 

毒すら閉じ込めたい、、、一応栄養な訳だからとなるわけです。

 

しかしながら、リンパ球という免疫物質の割合だけは高いとなれば、解毒の王様であるその免疫物資は、その毒素に対して異物がある!!と過剰反応してしまうわけですよね。

 

だから、免疫が自分の体を誤ってやっつけてしまうような免疫以上反応が起きるのがリウマチというわけなんだと思うのです。

 

説明はあれこれ長くなりましたが、

 

病院のいう、リウマチは動かさない、冷やす、薬で抑える、、、

 

それで本当に体が健康なまま治っている人っているんですか??

 

正反対な私たちの考えですが、体を壊すような治療をする無意味さ、これは徹底して訴えていかねばと思っておる次第です。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!お待ちしています!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#安保徹#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#リンパ球#顆粒球#交感神経#副交感神経#リウマチは薬で治さない#炎症は先にいい炎症を起こして治す#いい炎症#悪い炎症#終わらない炎症はない#虚の体質#リウマチに多い体質#体力はないが免疫は強い#免疫の過剰反応がリウマチ#免疫の過剰反応を止める#虚を治して解毒体質になろう

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る