BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

ステロイドとリンパ球とアトピー・アレルギーの関係  byなるりえ


【なるりえのひとり言 635】 ステロイドとリンパ球とアトピー・アレルギーの関係

 

今朝のちょっと続きです。

 

このリンパ球、

 

ご主人様に毒が入ってきたから、出さなきゃっ!この毒いらない!!ってすごく働いてくれようとするモノでもある。

 

つまりはこれ結構な解毒機能。

 

毒探知機と言ってもいいかな。

 

このリンパ球は白血球の中で、顆粒球とバランスを保ちながら存在するものなのですが、

 

リンパ球の割合(%)が多すぎる場合、難点がたくさん出てくるものでもあります。

 

副交感神経になりすぎて、

 

だるくなったり、眠くなったり、、、

 

代謝が悪かったり、汗をかきにくかったり、排泄できる力も弱かったりする。

 

つまりはちょっと勢いが弱い感じ、体力レスなんて言い方もできるかな。

 

 だからこそ、この体質、解毒反応は起こすわりに、

 

出し切れるまでの勢いがないので皮膚に残ってしまったり、そもそも、発汗や、排尿、排毒機能が勢いがない分、出口を他に求めて皮膚で出したがりすぎる・・・、なんてことも考えられる。

 

それがアトピーだったりします。

 

アトピーとして出ない場合は、喘息だったりアレルギーだったり。皮膚ではないにせよ、咳などの症状で体の外に出したい現象を起こします。

 

この手のタイプはストレスに敏感すぎて面倒臭いっていう部分がいっぱいありますね。

 

ただ、そもそも皮膚や体表や体の外に咳などの現象で出やすいってこと自体、免疫の働きはいいってことなのですが、

 

体がしっかり鍛えられていないまま、薬で症状を抑えたりしてきたために、いつまでも体の耐性がつかず、体は弱いまま、そしてまた免疫が頑張りすぎるなければいけないというギャップを抱えているのです。

 

つまり簡単に言うと、

 

本来、治すべき場所はどこ?って話になります。

 

それは、

 

きちんと自分の体自体を鍛えること。

 

毒に対して反応が良すぎるからこそ、汗をかいたり、毒素を体から出すこと!

 

代謝が悪く冷えやすいなら、しっかりしかるべきやり方で体を温めること!

 

なのに、、、、、世の中はステロイドですよね?

 

ステロイド?

 

冷やす!毒素溜め込ませる!免疫を破壊する!ですよ?

 

確かに副交感神経優位の疾患に、交感神経にしてくれるのでバランス取れると思いきや、

 

ステロイドは肉体が拒否するほどの強いストレスなので、今度はストレスで交感神経になりすぎた体をなんとかしなきゃと、

 

ますますアトピーやアレルギーで毒を出そう体はもがきます。

 

しかし、また薬で抑え込まれる。

 

そのうちにどんどん悪化していきます。

 

中身が治ってないどころか、さらに薬物のストレスを与えられ、

 

皮膚はステロイドで硬くなり、出口がない、かゆみは増す。出したいのに、出せない、もがく。

 

さらに薬を使っても使っても終わりのない苦しみ。

 

こんな繰り返しでいいの?

 

全てこの手の疾患に対して、やり方を間違ったとしかいいようがない、ステロイド。

 

アトピーは本当に顕著ですよね。

 

ステロイドが、世界一皮膚を硬くして、黒くするものですもの。

 

せっかくのキレイな肌で敏感だった機能を壊すもの。

 

肌を汚して、出口を塞ぐってことが本当にいいことだと思います?

 

もちろんですが、解毒機能自体が弱るので、他の排泄口もますます弱らせられます。だからますます出口は塞がれていきます。

 

胃腸などの働きも全部弱っていくから消化も吸収も弱い。

 

ステロイドの過剰摂取は食べても食べてもいい栄養を吸収できず痩せていく人も多いですから。栄養というエッセンスすら利用しきれなくなるのです。

 

イイトコ無し。

 

これが病気の繰り返しの正体。

 

これがアトピーじゃなくて、ステロイドで作られたアトピー、ステロイドを使ったから治らなくなったステロイド病の正体です。

 

アレルギーもどんどん増えるわけです。いや、増やされているのでしょうか。

 

ね、ダメでしょ?ステロイド。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください! 

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#リンパ球#顆粒球#ステロイド#ステロイドがアトピーを作っている#アレルギーは増やされている

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る