BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

熊を撃ち殺しても対症療法と同じ。デリカシーなさすぎなのは? byなるりえ


【なるりえのひとり言 633】  熊を撃ち殺しても対症療法と同じ。デリカシーなさすぎなのは?

 

動物は自然の生き物。

 

自然を破壊して便利に生きさせてもらう私たち。

 

これが行き過ぎれば動物の生活のバランスが崩れていくのも当たり前の話で。

 

動物愛護だとかヴィーガンだとか言うけれど、

 

まずこの自然の土地といいますか、地球自体を使わせてもらっていることに対し人間はもっと謙虚にならないとって思うんですよね。

 

というわけで、わたしは非常に疑問に思っていたことがある。それはいままで何度も感じてきた。

 

動物の住む場所奪ったのは人間。自然環境を狂わせてるのも人間。

 

人間の土地に降りてきたクマ撃ち殺す。

 

確かにわたしも自分が殺されそうになれば手段を取ると思う。

 

そしてそれが危険だと警鐘を鳴らすことも大切。

 

だがしかし、テレビに偉そうに死骸を撮るのはどうだろう?とったどー!って。

 

そこまで偉そうにすること?手柄をとってやったと思ってるってこと?

 

殺してやったぞ!悪者を!と。

 

デリカシーを疑う。

 

本当に悪者なのか?

 

あわれなクマ。

 

餌がなくなったんだよな。環境破壊で狂ったんだよな。誰がやったんだろうな。

 

そもそも犯人は誰だよ!っていう観点からも考えなければいけないのではないでしょうか?

 

これ、対症療法と一緒ですよ。

 

今の人間の考え方はこればかり。

 

ガンを殺してやったと偉そうにする医療と似ている。

 

環境は破壊され続けたままで。

 

なに1つ変わらないどころか、悪化しているのだ。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!詳しくは下記バナーをクリック!↓↓↓

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#デトックス#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#リンパ球#顆粒球#マクロビオティック#ヴィーガン#添加物も環境破壊だよ#環境破壊#クマ撃ち殺した映像を流していいの#そうなったのは本当は誰のせい#自然に対してリスペクトを#自然との共存を考える世の中へ

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る