BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

喘息からステロイド大量投与で糖尿病に。ホルモン剤は百害あって一利なし〜福田稔集


【人間は、治るようにできている 30】 喘息からステロイド大量投与で糖尿病に。ホルモン剤は百害あって一利なし〜福田稔集

 

安易なホルモン剤の投与は、こうして人間に生まれながら備わる能力をどんどんダメにする一方で余病を引き起こします。

 

患者のMさんは、1年前、発作を起こし、入院してステロイドの大量投与による治療を受けました。

 

その最中に突然、血糖値が上昇し、インシュリン注射を始めています。

 

Mさんは、

 

「当時はよく運動をしていたし、暴飲暴食もしていない。糖尿病になる理由がない」と、

 

その発症はステロイドによる薬害であることを自覚されています。

 

さらに、

 

「ステロイドは心にも悪影響を与える」とも話しておられます。

 

Mさんのように、体は依存状態にあっても、頭で「ステロイドは悪い」と理解できた人は、正しい手助けと自分の努力によって、依存状態から引き返すことができるわけです。

 

しかし、ホルモン剤の常用者には、新たに発症した自分の病気が、薬で作られたことに気がつかない人が多くいます。

 

そういう人は、ホルモン剤からの離脱も考えないので、常に体調が悪く、それこそ薬漬けの一生を送ることになりかねません。

 

くり返しますが、病気治しの基本は自律神経のバランスを整えることにあります。薬は二の次、三の次。

 

中でも、「百害あって一利なし」のホルモン剤だけは、絶対につかうべきではないのです。

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#ホルモン剤#インシュリン注射#ステロイド#喘息#ステロイドで糖尿病#血糖値##ステロイド依存#体は依存しても頭で理解すれば脱薬できる#自律神経のバランスを整えることが病気を治す#百害あって一利なし#脱薬#薬漬けの人生を送らない

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る