BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

脳梗塞、心筋梗塞、うつ病、全ては頭熱足寒から起きていた〜福田稔集


【人間は、治るようにできている 27】 脳梗塞、心筋梗塞、うつ病、全ては頭熱足寒から起きていた〜福田稔集

 

〜雑誌・壮快「人間な、治るようにできている!」より抜粋〜

 

2001年、私は不安定狭心症で冠動脈のバイパス手術を受けました。脳梗塞の発症後に心不全が発覚し、精密検査を受けたときには冠動脈の主幹部がほとんど閉塞していました。

 

原因が過労にあったのは、間違いありません。当時は、毎日50〜60人の患者さんを診ていましたし、倒れる前の1年間は週に2日、東京でも診療。そのころから体重もじわじわとふえ、76〜78kgになっていました。

 

その過程では、もともと高めだった血糖値や血圧もさらに上がって、全身に赤い発疹が出現。発疹が広がった時点で、いったん仕事のペースを落としました。しかし、運動で汗を流して湿疹が治ると、とたんに「治療の虫」が騒ぎだし、1ヶ月ほどで仕事中心の生活に戻った結果、脳と心臓を同時にやられたわけです。

 

こうして私は、自分自身の闘病生活から病気が作られる過程を学ぶと同時に、医者は患者さんから毒をもらうからこそ、自らを律して毒出しに努めなければならないことを知りました。

 

しかし、当時の私はまだ、その毒の抜き方がわからなかったのです。とりあえず診療時間に制限を設けたものの、けっきょく、また無理がたたって、今度はうつ病を発症。

 

そのうつ病を克服していく中で、心不全も脳梗塞もうつ病も、頭熱足寒の体調が引き起きした病気であることに気づきました。そこで、頭寒足熱の体調への改善を目標に、自分で自分を治療し、日々の養生に努めて現在に至っているのです。

 

その気づきと経験は、もちろん患者さんの治療にも生かされています。

 

心機能障害のある人は、皆さん頭に血が上って足がひえた頭熱足寒の状態にあります。そして、その頭熱足寒が健康な頭寒足熱に整えば、自ずと心臓の血流も回復し、息苦しさなどの症状も取れてきます。心臓肥大など、器質的な障害があっても、全身の血流が整うことで、楽に動けるようになるのです。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#脳梗塞#心不全#頭寒足熱#頭熱足寒#頭熱足寒から頭寒足熱になると病気が治る#血糖値#ヘモグロビンA1C#肥満

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る