BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

慢性的な痛みに「リリカ」!調べてみたら狂ってた byなかやまひろゆき


【なかやまのぼやき 75】 慢性的な痛みに「リリカ」!調べてみたら狂ってた

 

たまたま薬の副作用についてい調べていたら

 

よく聞くリリカという鎮痛薬のことで面白いことがわかりました。

 

うちにくる患者さんでも使ってたって人たくさんいます

 

以前は鎮痛薬といったらロキソニンやバファリンなどが当たり前でしたが

 

実際慢性的な痛みには効果がないんですって

 

そこで出てきたこのリリカという薬!

 

医者は喜んでつかって、現在はたくさん処方されています。

 

痛みは末梢組織からでたプロスタグランジン(簡単に言うと発痛物質)が

 

神経を刺激することによって痛みが中枢にいって痛みを感じます。

 

しかしこれは急性の場合の話。

 

良くある慢性的な腰痛、膝痛などではまた別問題で

 

プロスタグランジンは末梢組織で出ていないんです。

 

じゃあ慢性的な痛みって?

 

それは知覚神経が異常に興奮している状態だと言われています。

 

ならば知覚神経を抑えればいい!という考えでリリカが作られたんですって。

 

しかし神経は体中に張り巡らされていてつながっているので

 

どこかの神経をピンポイントに抑えるなんてできないのです。

 

じゃあどう作用するのか?

 

簡単です、痛みを伝える神経や痛みをブロックする神経など

 

人間の神経の活動全部を抑えてしまうんですね・・・

 

もちろん脳の機能も・・・なにか考えることすらも抑えられてしまう・・・

 

身体全体がやられてしまって鈍くて感じなくなっているんです。

 

脳が異変を察知できない状態ですからね。

 

神経をバカにすれば身体は痛みのサインも何も出せなくなるってだけ。

 

これを『効く』っていってるのって恐ろしくないですか?

 

リリカだけでなくどんな薬も体を蝕んでいる。

 

人を壊すことが横行していてしかもそれが肯定されている世界・・

 

狂っている・・・

 

 

※治療に興味がある、免疫力ってなに?と思った方。ぜひ毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーにご参加くださいね!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#なかやまひろゆき#リリカ#神経の反応を壊す鎮痛剤#プロスタグランジン#ロキソニン#バファリン#慢性的な痛みを体を壊して効かせる#痛み止め危険#生理痛#頭痛

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る