BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

「ガン放置療法」は生命の根源的なしくみを無視した結論〜福田稔集 byなるりえ


【人間は、治るようにできている 26】 「ガン放置療法」は生命の根源的なしくみを無視した結論〜福田稔集

 

〜雑誌・壮快「人間な、治るようにできている!」より抜粋〜

 

(昨日からの続きです。

 

詳しくは、【人間は、治るようにできている 25】治ろうとするチャンスを潰す「ガン放置療法」に注意せよ!

 

をご覧ください!

 

ameblo.jp/kiketsukai/entry-12364768398.html

 

〜以下、つづき〜

 

ちなみに、3大療法で命が縮むのは、治療が気や血液の流れを止めて、免疫力の回復を阻止するためです。

 

発ガンそのものの原因はストレスにあります。

 

ストレスによる自律神経の乱れが気を停滞させ、免疫力を低下さえて、ガンの発症に至るのです。

 

よって、ガン治しの絶対条件はストレスを減らして自律神経を整え、血流をよくし、冷えた体を温めること。

 

医者の役目は、治ろうと努力する患者さんの手助けををすることです。

 

その際、気血免疫療法では、全身の気と血流の詰まりを改善し、免疫力の向上を促します。

 

体に気が通れば体調は爽快になり、痛みなどの症状も和らぎます。同時に「治そう」という気力も高まることで、ガンもコントロールしやすくなるのです。

 

3大療法で免疫を消耗し、再発・転移した人も、こうして気力と免疫力を高める努力が始まれば、予後は変えられます。

 

末期からのスタートでも、余力の中で免疫力の強化を図り、普通の生活ができるようになっていくケースは多いのです。

 

そして、その余力も尽きたとき、寿命を迎えることになりますが、免疫力と気力でガンをコントロールしてきた人は、寝込むほど苦しくなるのも、せいぜい最後の数日間。免疫力に任せれば、ガンはまさしくピンピンコロリの病気ともいえるのです。

 

ちなみに、近藤医師は「免疫力でガンを治せるなら、ガンにはならない」と免疫治療も否定しているそうです。

 

そのような短絡的な発想しかできないのも、要は免疫の根本的なしくみを知らないため。

 

実際に患者さんの「手当て」をしない人の発言で、残念に思います。

 

〜以上、抜粋〜

 

ヤバイですね。。。

 

「免疫力でガンを治せるなら、ガンにはならない」って言えちゃうのって、まさに体を治そうと触ったことない!って人の言葉・・・。

 

へっ!って前からだけど私も思っておりました。

 

ちょっとここの話は私も長くなるので、引き続き次回で!!

 

もうっ、どうしてわかんないのっ!!!

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#ガンもどき#近藤誠医師#ガン放置療法#治るチャンスを潰す#放置してもガンは治らない#免疫力でガンは治らないではなく免疫力を引き出せない#モルヒネ使うんかい

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る