BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

その糖、悪者じゃない。癌をも引き起こす動物性脂肪と過剰なタンパク質摂取 byなるりえ


【なるりえのなまぐさマクロ  134】 その糖、悪者じゃない。癌をも引き起こす動物性脂肪と過剰なタンパク質摂取

 

よく言っているけれど、

 

おにぎりと味噌汁と漬物食べて誰が糖尿病になれるんだ?って。

 

なのに、肉は食べていいから、糖質減らして、、、って対処食事療法をやる。

 

ダイエットもこのタイプのものが流行っているよね。

 

飽和脂肪酸をあえて摂取するようなこわーいやり方・・・。

 

絶対におかしいよね、って本当に言っている。何度も何度も何度も何度も。完全にそう感じるもの。

 

CMだっておかしいよね。

 

「その糖が脂肪に変える」的な糖を完全に悪者にしているCM文句があるけれど、

 

それなら動物性脂肪と過剰な動物性タンパク質が余計なものを体にからみつかせる原因だと言った方がいいと思う。

 

だって糖自体を食べていても、そこまでは太れないもの。

 

だから、戻りますが、

 

おにぎりと味噌汁と漬物だったら?

 

それが、ご飯自体に絡んでくるものが動物性に代わり、親子丼だったり、カツ丼だったら?

 

これのどこが同じだというのだろう。問題は糖ではない。

 

そもそもタンパク質という言葉に騙されすぎではないだろうか。

 

タンパク質が植物から取れないと思いすぎなのだ。誰が不足になる心配をこの現代においてする必要があるのだろうか。

 

とうに戦時中の栄養難は終わっているし、そもそも戦後入ってきた牛乳などの食べ物はアメリカが売りたいものであっただけかも。

 

そこに栄養成分の名前つければ健康そうに聞こえるし、必要なんだと刷り込まれ人々は摂取し続ける。

 

タンパク質、カルシウム。未だに牛乳の神話も息づいている。

 

ほとんどの人が牛乳と体質の合わない乳糖不耐症なのにね。ガゼイン自体にも抵抗を示しアレルギーなどのショック反応を起こす人が多いのも事実なのに。

 

そして、誰が離乳して大人になって乳を取る必要性があるのかっていう話にも関わらず、

 

この神話は生き続ける。体に負担があるのにも関わらず、栄養があるからと刷り込まれたまま、それが習慣となり生き続けている。

 

本当に不思議だ。

 

飽和脂肪酸を過剰に含む動物性食品過剰摂取こそが、糖尿などの生活習慣病から派生する病気を生むだけではなく、癌にすら繋がっていることをもっと感じるべき。

 

ライザップで痩せている場合なのだろうか。血には悪影響のあるものを平気で過剰に偏って入れ続ける。添加物などにも特に気をつけるなどの話もないわけで。

 

ただ痩せれば果たしてそれで体にとって成功なのだろうか?

 

糖が悪いというのはあまりに対処療法的すぎる話。

 

日本て、昔から、低脂肪、程タンパク質、低カロリーの国なんですよ。

 

だから本当は長生きだったのよね。

 

糖は相変わらず食べていたと思いますが、動物性は少なかった。

 

その日本の長生き神話は崩れ始めています。

 

なぜならそれは食生活が破壊され始めているから。

 

おかしな非常識が常識のような顔をして商業と結びついているから。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加ください!

 

#免疫力#気血免疫療法#VEBIA#なるりえ#自律神経#血流#福田稔#VE&BI治療院#リアル免疫力セミナー#ヴィーガン#ビーガン#マクロビオティック#池袋ベジタリアン#目白駅近#肉食過剰は発がん性#飽和脂肪酸#ライザップの食事療法で本当にいいの#痩せることだけが体の問題か

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る