BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

福田稔治療の症例「胃がん・すい臓がん」 byなるりえ 


【人間は、治るようにできている 15】 福田稔治療の症例「胃がん・すい臓がん」

 

〜雑誌壮快・人間は、治るようにできているより抜粋〜

 

 

84歳・男性、Kさんの胃と膵臓にガンが発見されたのは、平成24年2月のことです。

 

高齢で手術はできず、すでにリンパ節も腫れていたため、治療法の選択肢は抗がん剤しかありませんでした。

 

何もしないよりはと、抗がん剤を試すことにし、4ヶ月後に胃がんの縮小が認められました。

 

Kさんが当院を受診されたのは、その後です。引き続き抗がん剤の投与を勧める主治医の方針に対し、ご家族が逆に不安を覚え、その説得を受けての来院でした。

 

ご本人は半信半疑でしあが、治療には驚くほどに反応し、抗がん剤を中止して行った12回の治療で、ガンが全て消えたのです。

 

初診時のKさんは右足に強い冷えと張りを示し、「足が痛くて休み休みでないと歩けない」と訴えていましたが、最初に改善したのも、その歩行です。足が心地よく温まるに連れて歩ける補強距離が伸び、さらに食欲が増し、汗もしっかりかけるようになりました。こうして体調が整うリンパ球は急増。

 

11月の検査で、リンパ球が約2000個に減りましたが、これはむしろ免疫力の安定した理想的な状態と言えます。

 

体調的な問題として残った、右内ももの張りも取れたため、Kさんはこの段階で当院の治療を終了し、地元の病院で精密検査を受けました。その結果、リンパ節の腫れを含め、胃がんもすい臓がんも綺麗に消えていると確認されたのです。

 

2012.6  白血球4900個 リンパ球36%(1764個) 

2012.8    白血球6900個 リンパ球39%(2691個)

2012.11  白血球6000個 リンパ球33%(1980個)

 

 

〜以上、抜粋〜

 

今読みながら書いていてびっくりしたのですが、

 

この時代はまだ気づいていないことがあったのですね。

 

病気がよくなればそれで終わり?って。

 

でも今は違います!

 

苦い経験を通し、体のメンテナンスというものは続けていくものだということ。

 

目的は病気ではなく、体、そして免疫力だから!

 

病気の人だって、病気治った人だって、健康な人だって同じ。

 

体をいかにキレイに保ち続けかが大切なんです!

 

治ること以上に悪くさせないことが何よりも重要なんです!

 

それは大きな病気ができた体であればなおのこと、抗がん剤まで使ったのですから。

 

大変な時は週1、2かもしれない。けれどもきちんと免疫力が育ってくれば、月1回のメンテナンスでも大丈夫になってくるんです。

 

それだけ体がキレイになって反応力も増していきますから。

 

でも、この84歳という年齢でガンも動きにくいということもあったかもしれませんが、

 

そもそも、見ておわかりになりますか?

 

普通の抗がん剤をやった人の数値じゃないんです。

 

免疫が強すぎます。

 

抗がん剤直後の2016年の6月の最初のデータで、

 

白血球4900にリンパ球36%ですよ?

 

気血免疫療法で免疫が整って病気が治りやすいゾーンが、

 

白血球5000〜7000の間にあり、リンパ球が35%〜41%ですから。

 

体を免疫が治しにかかっている8月では、リンパ球数2600個ですよ(白血球×リンパ球%=リンパ球数)。

 

リンパ球数は2000個くらいあれば十分治りやすい状態であるのにも関わらず。

 

抗がん剤をやったにも関わらず、異常なほどに免疫が十分に残っている。この方は本当に強い!

 

恐ろしい例ではワンクールの抗がん剤で、

 

白血球が2000台になり、リンパ球も1桁台になるなんてことも。

 

こういう方だからこそ、ご年配にも関わらず、抗がん剤に負けず、なおかつ、抗がん剤をやめて自らの免疫を生かすということに素早く反応できたのだと思います。

 

しかし、本当に家族が気づいていくれてよかったですよね?

 

だって、この方、免疫が強いが故に、抗がん剤にへこたれないから本人自身が疑問を抱かなかったわけですから。

 

もしも、そのまま抗がん剤を続けていたら・・・?

 

いずれ元気だった免疫は崩れ、肺炎やガンの再発も起きていた可能性は大きかったと思います。結局抗がん剤のやりすぎて肺炎で亡くなる方は多くいらっしゃいます。

 

本当は肺炎で亡くなったんじゃない、抗がん剤で肺炎になって免疫低下のために亡くなったと世の中もしっかりアナウンスすべきだと思います。

 

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーにもご参加くださいぜひご参加くださいね!

 

#免疫力#自律神経#血流#なるりえ#気血免疫療法#VE&BI治療院#対処療法#三大療法やる前に#福田稔#すい臓がん#リンパ球#白血球#リアル免疫力セミナー#肺炎#再発#死因は抗がん剤というべき

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る