BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

食事療法は効かないから薬物療法?痛風も自律神経! byなるりえ


【なるりえのひとり言 584】 食事療法は効かないから薬物療法?痛風も自律神経!

 

昨日の痛風の話に引き続きですが、

 

(【なるりえのなまぐさマクロ  130】 痛風、プリン体は犯人じゃない!対処両方は食事療法じゃないよ

ameblo.jp/kiketsukai/entry-12358028114.html

 

下手したら昨日の友人は、ビールじゃなくて焼酎なら大丈夫!って始まりそうですが、

 

もちろんですが、お酒飲んでる余裕は一切ありません。やめてください。当分は( *`ω´)

 

だいったい、どんな人が飲んでも自律神経が過度に揺さぶられない酒なんてないっつーの(p_-)

 

そして、某クリニックのサイトに、痛風は食事療法じゃなかなか下がりにくい現状があると。

 

うん、それも事実かもしれない。

 

そもそも食事療法はスピード技ではないですからね。

 

でも基礎なき元に、本当の体は育たない。

 

私たちの治療でも、食事をきちんと気をつけている人の方が圧倒的に治療が効きます、というか、生かされます。

 

なぜなら基礎力があるからです。

 

それを、食事療法では効きづらいから薬物療法がいいんだ!という風に結びつけるのはどうでしょうか?

 

2000とか3000の例がある。

 

だから信用できるもの?なのでしょうか。

 

それは、薬を使うということしかしていないデータな訳ですよね。

 

薬を使わずに本気で体を治そうとした経験の元のお話じゃない。

 

それなのに、それを信用性と呼んで、同じように薬物療法にすることが正しいのでしょうか。

 

 尿中尿酸排泄低下や尿中尿酸生産過剰で痛風は起こるから、食事療法ではなく薬物をやることが正しいとなぜなるのでしょうか。

 

もともと薬を使わせるという目的だった上での話ですよね?

 

私たちのやっていることは、その機能を取り戻すことです。

 

だからと言って、その尿酸の機能だけ取り戻させようとすることではありません。足首が痛いからそこを治すことでもありません。

 

自律神経、血流、そして排泄・排毒機能の向上、その先に本当の免疫力が育ちます。

 

そこに尿中尿酸排泄低下も尿中尿酸生産過剰も整ってくるということではないでしょうか。

 

機能低下も過剰も、虚と実。

 

結局バランスなんですもの。自律神経が整ってこそですよね?

 

薬で調節しても所詮は対処療法。

 

なぜそれが正しいの?

 

※毎月第一日曜日開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加くださいね!

 

#免疫力#自律神経#血流#なるりえ#マクロビオティック#実と虚どっちでも同じ病気になる#プリン体#プリン体は犯人じゃない#免疫力#尿酸#対処療法#食事療法は効かないから薬物療法じゃない#痛風

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る