BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

手術しても動かないはずの手が、手術なしで動く!リハビリの罠 byなるりえ


【なるりえのひとり言  543】  手術しても動かないはずの手が、手術なしで動く!リハビリの罠

 

《うちのバイトのSちゃんのお話、第3弾です》
 
蜂窩織炎になって骨は溶けてて、
 

至急10センチ以上の傷が残る手術が必要で、
 
大量の抗生物質投与と、
 
今後障害はリハビリをしても残ると言われた手。
 
動きも回復です。もちろん手術なしです。
 
2月2日の動画になります。
(こちらのサイトから動画がうまく乗らないようなので、よかったらアメブロご覧ください)
 
もう動かなくなると脅しましたよね?!手術してもまともに動かないってね。たとえリハビリしても。
 
炎症が消えた後も手の動きは実際悪く、握れない状態でした。
 
しかし、とにかく自分の手で押していいから可動域不可かけて広げてけって!あとは治療でガンバレって!
 
彼女は1週間に1度のバイトなので、1週間ごとに見るたびに、どんどん動きは回復していった。
 
そして、とうとう、 
 
「動くようになりましたぁ〜٩( ‘ω’ )و」
 
って。
 
あのまま、病院の言うことを聞いていたら?うちでバイトなんてできてませんよ!今頃。
 
まだ入院かな?そしてその傷によるリハビリでしょ、
 
それ手術がわざわざリハビリする理由つくってるんじゃないの?と言わざるをえない。
 
詳しい話は、
 
【なるりえのひとり言 487】病院の脅しを乗り越えたお話
【なるりえのひとり言  489】病院の診断は嘘?!手術回避!無駄な抗生剤もいらない!
 
をみてください!なかなかびっくりの写真あります。
 
 
デタラメ診断?!というより、
 
単純に病院には、現代医療には、治せない!ってだけのことを、
 
バカみたいに薬漬けにして、ただ切って、今度は余計なリハビリにさせるっていう、その姿勢に呆れます。
 
うちの大事な未来の治療家タマゴちゃんを、医療の餌食にされるところだった( *`ω´)
 
止められてよかった。踏みとどまってくれてよかった。
 
そして手が無事動いてよかった!
 
ねっ、人間って治るようにできてるでしょ?
 
トラブルが起きた時ちゃんといいステップで治していく!ここが大切なんです。
 
もし、抗生剤大量投与で、手術していたら?
 
手が使えなくなり彼女の鍼灸師としての将来もどうなっていたかわからない。
 
しかもそういった彼女に言ったこと。
 
「そんなことは関係ない」だって。
 
無駄な手術でリハビリつくってんじゃないよ!!
 
骨溶けてたら動いてないわ!ていうか、嘘ついたね?!
 
薬使う前に、切る前に、脅しゼリフ言ってる前に、ちゃんと人間の治癒力生かせって言いたい。
 
いったいどれだけの人がこの病院の脅し文句の恐怖にさらされ、無駄な手術で自然治癒力を奪われているのだろうか。
 
これはどんな病気にも言える。
 
子宮頚がんの高度異形成なんて本当にもう恐ろしいレベルで手術が売り込まれている現状。
 
言いなりになって、免疫力を奪われ、治らない体にさせられていく。自然治癒力は奪われないよう守らないと!その意識が大切です。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る