BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

肺がん再発、どうして抗がん剤を手放さない? byなるりえ NEW


【なるりえのひとり言  542】  肺がん再発、どうして抗がん剤を手放さない?

 

ご紹介で来院された患者さん。

 

ドクターでした。

 

肺がんの再発でした。

 

ドクターという立場もあり、完全と言われるオペで成功したはずの肺がん治療。

 

でも、残念ながら、再発でした。

 

そして、わたしのところへ訪れた。

 

でも、どうしても現代医療を手放せないんです。
 

なぜ?現代医療に傷つけられたから、再発したのではないの?

 

「どうしても抗がん剤は必要ですか?この治療始めたなら感じてほしい、体が何を本当に欲しているのかを。」

 

彼女の意見はこうだった。

 

「おいしいとこどりができれば一番いいのかな」って。

 

そして、「その抗がん剤は免疫が高まっていないと効かない薬だから」と。

 

免疫が薬のために利用される?!

 

2度目にみた彼女の皮膚はますます黒くなり、そして治療をすると湧き出す薬物のにおい。

 

「やはり免疫低下が著しいと思います。」

 

と伝えても、現代医療の頭から離れることはできなかった。

 

それからその方とはお会いしていない。

 

本当の治るという意味をわたしは現代医療とわかちあえなかった。

 

免疫と薬物は共存はできない。

 

自然のものに公害をバラまいてどうして免疫を利用できる?

 

免疫を生かしたいのではなく、薬を生かしたい?

 

一体、体の主役は誰なの?!病気?薬?

 

体だけでなく、心まで薬に支配されてしまったの?
 

そもそも、わたしは免疫が薬のために利用されるための治療はしていない。薬を生かすためなどの治療などありえない。

 

なぜなら、一度たりともそのやり方で完治したことを見たことがないから。悪い方に進むのは当たり前のように見ても。

 

なんだか、今免疫の気持ちがわかった。

 

免疫は薬に利用されるくらいなら死のうと思う生き物なのかもしれない。

治療を薬のために利用されるわたしの思いがすごく苦しいのと同じ。

 

治療を薬に食い殺させないで。

 

 

 

※毎月第1日曜開催のリアル免疫力セミナーもぜひご参加くださいね!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る