BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

薬で病気が消えたから薬は免疫を上げるものって思ってませんよね? byなるりえ


【なるりえのひとり言  516】 薬で病気が消えたから薬は免疫を上げるものって思ってませんよね?

  

まさか!!とは思いましたが、まさか!!かも。

 

まさかですが、

 

薬を飲んだら病気がなくなったから免疫力が上がる?

 

なーんて思っている人っていませんよね?

 

先ほど、なかやまのブログを読んでいて、今更スーパー基本的なことを話していないのでは?!とふと焦ってしまいました。

 

薬は免疫を低下させます。

 

免疫が低下すると炎症などが起こせなくなるからです。

 

冷やして固めて病気になった理由を奥に埋めこみます。

 

一旦は病気は引いたように見えますが、免疫もいい体内の菌も同時にやられているので、健康にはなっていません。

 

むしろ自分の治す力も同時に下げられていきます。

 

それどころか、免疫という見張り番がやられている体はもっと病気に蝕まれやすい状態にどんどんなっていきます。

 

ちなみにですが、免疫を低下させない薬とかって言っているだけのものがありますが、化学物質で本当の自然の力を引き出せるものはありません。

 

例えばオプジーボのような抗がん剤。

 

免疫を下げない?と言っていますが、

 

どれだけの人がそのオプジーボで亡くなっているか一度調べて見るといいと思います。

 

どれくらいの割合で効いているのかも。

 

よく奇跡とか免疫下げないとか言っているな、って思います、その割合で。

 

もしも本当にオプジーボが本当に人間の持てる免疫を活性化して、免疫を下げないというのなら、そんなに多くの人が使った結果亡くなったりはしません。

 

人は確実に死ぬ時に白血球もリンパ球も下がった状態になります。

 

完全なる免疫低下を起こします。

 

オプジーボで亡くなる人もそうです。結局、最終的にオプジーボという薬によって免疫低下を起こしているのです。

 

一時的に下げないからではダメなのです。

 

本当の自ら出る免疫が強くならなくては意味がないのです。

 

しかし、化学物質で人間の自らの力を引き出すことは不可能であり、化学物質を入れていけば入れていくほど、体は弱っていきます。

 

その弱った隙に病気が勝つのです。

 

一部効いた人がいるならば、それは元々の免疫が強く、免疫が持ったからです。

 

それは免疫を思いっきりダイレクトに下げる抗がん剤でも同じです。

 

小さいガンで薬が少量で済めばまだしも、強いガンの場合、生き残れた人は元々の免疫がなんとか持ったからだけなのです。

 

ほとんどが抗がん剤による免疫低下の隙に、あっという間にガンに追い越されていってしまう。

 

それが全ての抗がん剤のからくりですよね。

 

そう考えると、なぜ免疫を殺す薬、化学物質を入れていくのか、意味はわからなくなりませんか?

 

目先の病気を消すことだけに目を取られて、免疫力を下げられている事実に気がついても、本当に薬って使えますか?

 

 

※毎月第一日曜日開催の「リアル免疫力セミナー」もぜひご参加くださいね!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る