BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

これ絶対よんでね!病院の脅しを乗り越えたお話! byなるりえ


【なるりえのひとり言 487】 これ絶対読んでね!病院の脅しを乗り越えたお話!

 

昨日のお話にでたバイトのSちゃんのお話をもう少し詳しく。

 

私、このお話とっても大切だと思うのでぜひ読んでほしいと思います。

 

 生理痛には鎮痛剤、

アレルギー性鼻炎の点鼻薬に、

結膜炎には点眼薬、

皮膚のかゆみにはステロイド、

肌荒れたり、ニキビが出たらヒルドイド、

過敏性腸症候群には整腸剤。

 

鼻の手術もしているそう。

 

そんなバイトのSちゃん。

 

小さい頃からずーっとずーっと薬だったそう。

 

しかし、うちのノウハウを知るようになり、脱薬したり、食事を変えたり、いろんなチェンジを起こしました。

 

ここ3、4ヶ月、バイトにも来ながら、熱心に治療も受けておりました。

 

ちょっと前にもブログにアトピー状のものがあちこちに出て、大変な瞑眩、好転反応と奮闘中とお知らせしましたけれど、

 

さらなる事変が( *`ω´)

 

私が治療を担当した数日後、どぉ〜ん、ときました( ̄◇ ̄;)

見事に肘がグジュグジュだったものがキレイに取れ始めたら、今度はこれ!

 

先端に流れてきた。

 

ワォ、この動き、

 

瞑眩の典型。

 

毒素を体の中心部からどんどん先の方へ出していこうとする反応。これぞデトックスの王道です。

 

でも、実際ビビりますよね・・・

 

薬の蓄積があればあるほどこういう強い反応を起こすことがある。それは本人も自覚。

 

「これ、今までの薬やぁ〜」って。

「あれだけ飲んできたもん」って。

 

しかし、ここまで出るとなると、激しい瞑眩の場合は解毒もするけれど、体力も消耗するものなので、

 

実際に体力消耗から免疫低下を起こして炎症が激しくなりすぎてしまった可能性もあるのも事実。

 

炎症で解毒をしようとするはずが、免疫低下を起こしてしまうと、それを止めるストッパーが効かなくて暴発ということもありうるわけで。

 

しかし、私の考えは一つ!

 

それが瞑眩なら終わらない炎症はない。

 

出させてあげれば、必ず炎症は止まる。

 

余計なことをせずきちんと体をいい方に持っていく努力をし続けるのみ。

 

その解毒という峠を越えて、初めて最強の免疫力へと向かう切符を得れるわけですから・・・。

 

体の反応を信じてあげる!というのが私。

 

しかし、彼女の手は痛みどころか、動かすこともできない程。。。

 

ここが正念場ですよね〜。

 

どっちの道に行くのか。

 

長いので後編につづく・・・(次も絶対にみてね、正念場がやってきます) 

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る