BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

玄米は12時間つけて水を捨てるのが本当に正しいのか? byなるりえ


【なるりえのなまぐさマクロ 95】 玄米は12時間つけて水を捨てるのが本当に正しいのか?

 

昨日テレビで、某先生が言っていた。それダメ!かな。

 

玄米は12時間つけて発芽させて、その漬けた水も捨てる、と.

 

でないと、アミノ酸だったかしら?をすべて分解してしまって、なにやら栄養障害やら起こすとかなんとか。

 

でも、思うんですよ。

 

すべての食べ物毒性はある。

 

強いと言われる食べ物であればあるほど、意外と毒性も高かったりするものだと思う。

 

よっぽどフグの毒(テトロドドキシン)とか、毒キノコとかは考えなければだけれども。

 

その自然の食べ物に含まれる毒性をご丁寧に人間様のために取りさることが本当に正しいかと言えばわたしは全く思わない。

 

 

むしろ逆の発想リサイクル

 

 

 

食べ物にある毒性はある程度受け止めて勝ってこそ、本当の強い体になると。

 

むしろその毒性は人間の体の戦う力を強くするものであり、すでにバランスは取れているってことなんじゃないかと。

 

 

 

玄米の毒に負ける体だったとしたら、玄米を細かくどうすることより、体を変えていく必要性があるってことって発想にはならないものだろうか。

 

変わるのは食べ物じゃなくて、自分って。

 

おいしいどこどりじゃダメ。

 

勝手にあれこれ剥いで、捨てていけばいくほど、どんどん人間は抵抗性の弱い体になる↓

 

だからわたしは時には発芽させない玄米も食べるし、浸水して浸した玄米も食べる。

 

水は絶対に捨てない。

 

その灰汁すら私の栄養だからだ。

 

それがホールフード、WHOLE FOODって意味。

 

一物全体。

 

自然というものは往々にしてすでに計算されていて、全体を食べることによりバランスが取れる。

 

人間なんかが計算するよりもずっとかしこくできているものなんだと感じるのだ。

 

人間が人間のためにお世話しすぎな食べ物って体の戦う力を育てない、目先の利益ばかり。

 

精白して食べやすくすることによって病気が生まれやすく体力が弱ったりしてきたことと、結局ましながらも、言っている根本はたいして変わらないなと、はぁぁって気持ちでみておりました。

 

白米じゃなくて玄米食がどうのといっても、結局人間の都合のいいように食べ物をコントロールしようという姿勢は変わらない。

 

結局薬的に食べ物すら考えているのだと。

 

しかし、本当にその12時間漬けないとどうどか、水は捨てないとかが本当だったら、わたし今頃栄養障害なんでしょうね(笑)

 

15年以上もやっておりますが。

 

そんなこと心配するより、自分が食べ物の持つ自然の多少くらいの毒を乗り越えられるような体になる方が重要だし、

 

そもっそも炊飯器で炊いたりしてることや、農薬つきじゃないもの食べるってことにメンションするべきかと思うよ。

 

電磁通した食べ物の方がよっぽど弱そうだし食べ物の生命壊しちゃってるよなあ・・

 

なんだろう、専門家の言い分をテレビでみると、なんだろう、多くの人からアスリート感を感じれないの。

 

体をもって感じてるそのライブ感がない。

 

もちろん、スゴイって人もいる(`・ω・´)b、でも、どうも、、

 

栄養がどうだの、成分がどうだの、って人に限って、やっている実質感とか生かされてその人がハツラツとしている感じがなかったり。

 

でも人は信じる。

 

お勉強でモノを言うってある意味、体感のない想像でもあるから。

 

あとは異常に偏った角度だけから物事見てエビデンスとかいう言葉を使って無理に常識を固める偏見といいますか。

 

今の現代医療がそうなように・・・。

 

 

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る