BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

免疫療法っていつから血液採取して細胞を活性化させる治療に定義? byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 430】 免疫療法っていつから血液採取して細胞を活性化させる治療に定義されたの?

 

昨日のミヤネ屋さん、たまたま目にした!

 

ミヤネさん好きだけど、昨日の情報。

 

まさに、3大治療以外はいんちきだと。

 

えっ?どれくらいの割合の人が3大治療で他の病気も併発したりして亡くなっているか?

 

えっ?あれが1番あぶなくない?

 

どこまで3大療法やらせたいのかってくらい偏っていた。

 

がんセンターの人に話させているわけだからね、それはそう言うよね。

 

そして、立場のある人の意見に日本人は本当に弱い。

 

この国は本当にこわい。

 

最終的にマスコミすら使って考えの自由を奪っていく。

 

そうして薬が売れるように仕組んでいく。

 

これは決してなくしてはいけないビックマーケットですからね。

 

薬を使うためには薬を使って病気を作り続けなきゃいけないの!!この国は!!

 

とにかく内容が衝撃的で、話すことはいっぱいありすぎだけれども、まずはここ!

 

ガンの治療でいんちき免疫療法が横行していると。

 

それはわかる。うん。もう免疫療法とか名前やめようかと思うくらいのレベル。

 

しかし問題なのはその定義。

 

いつからそれが定義になったわけという内容??

 

『免疫療法:患者の血液を採取し細胞を活性化させ一定の期間で患者の体内に戻しガン細胞をなくす』

 

え、血とってリンパ球培養するっていうのがなんで免疫療法になってんの?

 

そもそも免疫の走りでもある福田稔先生体つかって手で治療して、自分の中から出てくる免疫の力を目覚めさせていたよ。そしてそれを免疫療法と呼んだ。

 

手もあてない治療がいつから免疫療法の定義になったわけ?

 

自分の細胞ですら化学薬品にしようとする。

 

そんな弱い血液で治ると思うこと自体、どこが免疫療法?!

 

失礼すぎる話だと思いました。

 

結局、いつの間にか自然の力を生かす意味での免疫療法が現代医療と変わらないものに、勝手に定義されている。

 

現代医療が免疫とは名ばかりの現代医療を非難しているようにしかみえなかった。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る