BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

抗がん剤を使ったら油断は禁物 byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 425】 抗ガン剤を使ったら油断は禁物

 

病気が治ったから治療はいいや!!

 

それは本当によろこばしいこと!!

 

でも月1くらいのメンテナスは忘れてはいけないくらいですよ、と言える。

 

しかし、抗ガン剤を使った場合、話は大きく異なる。

 

大きな大病を越えた。

 

世の中では奇跡と言えるレベル。

 

しかし、わたしは勘違いさせてしまったのかもしれない。

 

病気が抗ガン剤をやめた上で治療をしてよくなったとしても、抗ガン剤を使った傷は決して簡単に癒えるものではないということ。

 

これをもっとはっきり伝えるべきだった。

 

特にディープに使った場合はなおさら。

 

他でも治療を受けているし、食べ物も気を付けているし、、、

 

普通にそれなりの治療をしていても、どんなに食事を気を付けても、そのやり方でやっていたとしたらそもそもその大病が治るレベルのものなのかという話が出てくる。

 

そのくらいの強さとスピードを持ったものでなければ、いずれ体が抗ガン剤や病気の力に負けてしまう可能性は高くなる。

 

どんなに病気が治まってもこれからまだ攻め続けてくる抗ガン剤の恐さは尋常ではない。

 

抗ガン剤を深く使った体はもう普通にはなかなか戻れるものではないという現実。

 

それでも病気が治ったのは本当にすごいこと。

 

しかし、そこに気を取られていてはいけない。

 

そんなに甘いものではないのだ。

 

どんなに今がよくても、いずれまたその勢力に負けた時また病気は発症する可能性を多いに秘めている。

 

一生かかっても出し切れないほどの抗ガン剤はまだ消えてなんかいないと、本当にもっともっと強く言うべきだった。

 

本人のチョイスとかどうでもいい、わたしの思うことをもっと声を大にして言うべきだったのだ。

 

そうして発症してきた病の数々、それは病気なんかじゃない、抗ガン剤の化身。

 

体は追い越されてしまったのです。

 

じゃあ、一生治療をしなきゃいけないの?というかもしれない。

 

でもわたしは一生したっていいと思う。

 

抗ガン剤は本来人間が使ってはいけないもの。

 

ひどい言い方をすれば、殺虫剤ならぬ、殺人剤だ。

 

病気を殺そうと自分をも殺す。

 

体はそれくらいの大きなストレスと傷を受けた。

 

一生かけても体と向き合っていかなければいけない。

 

わたしは抗ガン剤を使ってもいないし薬も飲まないし、ガンにもなっていない。

 

けれども、自分が無理をしたりと体を痛める行為をしているのはわかる。

 

だから一生治療は自分に続けていくつもり。これは体への義務だと思っている。

 

病気さえ治ればいいなど、なんの指標にもならない。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る