BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

食事療法で病気を治すことの限界と治療の意義 byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 387】 食事療法で病気を治すことの限界と治療の意義

 

食事は超基礎!!これ鉄則。

 

基礎=土台。

 
逆から言うと、スピード技ではないってこと。
 

しかし、現世では、というか、今の健康法では、これをスピード技として使おうとする人がいる。

 
異常なほどに偏ったジュースの大量飲みとかね。
 
食事で過剰に治そうとすることが逆にケガを生むことが非常に多く起きているのだ。
 
基礎力であるものに対して、スピードをつけさせようという事自体にわたしは限界がある気がしてならないのだ。
 

食事が本当にいい状態に戻ることによって、治る人はもちろんいる。

 
なぜならそれは本当の病気になった生活の原因が取れたから。
 

しかし、病勢の方が勝ってしまうパターンが多い人がいることも事実。

 
食事を頑張っても頑張っても、病気に追い越されてしまう人々がどれだけ多くいるのか。
 
今のマスコミがやるように、一部の人が治ったという事実だけをクローズアップしているだけではいけない。
 
病気を治したい人、そして、指導をする人ももう少し頭を広く持つことが必要なのではないだろうか。
 

体を治すことは同じ方向に進むこと。

 
この手段は一つではない。
 

そしてこれははっきり言える点がある。

 
この治療は体の限界を越えない範疇でのスピード力は非常にあるもの。
 
 

だから病気のスピードを追い越す確率が高い。

 

しかし、この治療も決して基礎力なくしては本当には生きてこない。

 
例えば治療だけして、結局は飲み放題食べ放題、生活習慣は運動もせず、ストレスかけまくり、しかも最悪のパターンは薬飲みまくりとかね。
 
本人という軸なくして、治療なんてものはそもそも存在しない。
 

つまりは食事も治療もひとりぼっちでは限界があるっていうこと!運動もそうでしょうね。

 
ひとりぼっちワザじゃダメなんですよ。
 

行く方向さえわかったら、体を大いに鍛え、そしてよい食事を大いに取り入れ、そして治療で大いにメンテナンスする!!!

 
いろんな柱があれば、ちょっと何かがズレても他で補える。
 
ちょっと何か違うもの食べたらすぐ崩れる体は本当の強さじゃないですよ。
 
何か毒を受けても巻き返せる状態にしておくことが重要。
 
そしていろんな方面から育った体は一つのことで作られた体よりも太い軸ができあがる。
 
ちょっとしたことでは倒れない体となっていくものなのです。
 

わたしはそうして出来上がった体が本当の免疫力を持つ体だと思うのです。

 

免疫はひとつのことだけではつくりきれないもの(`・ω・´)b!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る