BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

胸のシコリ消えた。あれは乳ガンだったのかな? byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 373】 胸のシコリ消えた。あれは乳ガンだったのかな?
 
3年前ほどわたしは右胸にシコリができたことがある。
 
0.5、6cmほどかな。
 
真っ青になって、一気に治療しました(; ・`д・´)
 
直接攻め、包囲攻め、さらにもちろんの全身攻め。
 
そんな治療を1ケ月近くやっていたが、実際シコリはまだ消えることはなかった。
 
患部自体にもここまで直接的にアプローチかけているのになぁ、なんで消えない??と不思議に思っていた。
 
もちろんですが、わたしじゃない患者さんで乳ガン患ったりしていたら、患部にそこまで直接ハードにはいかないですよ。
 
わたしという人間だから、免疫活性力と解毒に自信がある人のみにできるワザであって。
 
どんな毒が出ても食い殺してやる(。-`ω-)!くらいに意欲と自信のある人用の治療であります。
 

実際その後、わたしの挑戦状通りに体から「食い殺してみろ」と言わんばかりに、いろいろなものが出てきた。

 

全身蕁麻疹、そして喉のリンパの腫れ、脇も腫れてたかな。

 

しまいには鼠径リンパまで腫れ腫れ!

 

熱に咳に、、、

 
てーへんって感じだったなぁ。
 
結局その酷い状態をみて、医師であるうちの母親は絶対ガンとかが悪化したと思ってましたからね。。。
 
当然ながら、まったくいう事は聞かず、振り切ったわけですが、

 

しかし、本当に残念ながら、それをスーパー解毒だと信じてはいたけれど、2か月経っても一向にシコリは消えなかった。。。

 
ちょっと実際はビビりましたね。

 

あー、なんで消えない!!!とイラつきもしましたが、まぁ、これも所詮は0型の副交感神経優位気質か、、、はっきりいってそれくらいを過ぎた頃から、

 
飽きたんでしょうね(*’ω’*)
 
めんどくさっ、どーせ、こんな元気で死ぬ気もしないから気にするのやめーた、ってのもありましたが、
 
簡単に言えば、途中で忘れてたんですね(;´・ω・)

 

おそらくそこから張っていた気が緩んだ感じ。 

 
そうしたところその1ケ月後、経約3カ月程で、知らぬ間にシコリは消えていたのです。
 
この勝因としては、

 

飽きた、忘れたことによって気が緩まり、副交感神経優位にスイッチされたのがよかったか。

 

スーパー毒出し荒療治治療の結果がそれくらいで返ってきたということなのか。

 

治そうと逆に必死に緊張してきた交感神経状態が一気に緩んで免疫が上がった効果と、必死で努力した毒出し効果が相まった、マッチング現象なのか。。。

 
しかし、どのみち、このハードな解毒治療技というものは、免疫が十分育った人用っていうのが難点なのですよ。
 
これはあくまで免疫が鍛えられている人用の治療。
 
これで免疫が弱かったら、毒にむしろ負けちゃいますからね。

 

この体質で、荒療治で治ったというひとつの例のお話。

 
あれはガンだったのか、どうか、もういまやわかることはできないけれど、何よりも大切なのは、診断よりも、治る事!だからもうどっちでもいいか!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る