BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

昔からあるアスピリン byなかやまひろゆき


【なかやまのぼやき 26】 昔からあるアスピリン
 
先日兄の神前式に行ってきたんですが、
 
待ち時間に「毒性がない薬はもはや薬ではない」と
 
話が盛り上がっていました!
 
正にその通り!薬なんてどんなものでも
 
身体にいい影響は与えない、どんなものでも疑うべきだと思う
 
 
そんななか解熱鎮痛剤のアスピリンの話がでた。
 
1899年ぐらいから使われているらいしいのですが
 
人体にどう作用するかはまだ解明されていないんですって!
 
アスピリンといったら昔から家庭用常備薬的に使われてきたので
 
危険な副作用があるものだという認識がされていない。
 
アスピリンは割と頻度の高い出血傾向を助長する副作用があるので
 
脳出血等の頭蓋内出血、肺出血、消化管出血を起こす恐れがあるので安易に使うなんてできないそうです。
 
なぜそんなものが家庭常備薬なものになっているんですかね?
 
アスピリンに限らず、もし薬を使っているならその薬についてどのくらい知っていますか
 
そして自分の身体のためにもその薬について医者よりも詳しく知っておくべきだと私は思います。
 
まぁ調べたら恐ろしくて飲めなくなると思いますけどね…(^_^ ;)

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る