BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

猫アレルギー完治!捨てるのは猫ではなく、アレルギー! byなるりえ


【なるりえのSAVE THE わんにゃんの新常識! 2】 猫アレルギー完治!捨てるのは猫ではなく、アレルギー!
 
ペットの幸せライフをと、さわやかにこのコーナを始めさせてもらった先ほどですが、さっそく怒りのスタート。
(ちなみにこのわんにゃんテーマでも体の話なのでペットがそんなにの人もぜひ読んでくださいね!)
 
 うちの治療院(人間用です)はアレルギー系にはかなり有効な例を多くあげています。
 
そして先日はしかとアレルギー数値を調べていてくださった方の報告がありました。
 
ペット好きな人にはかなりの朗報かと思われる、猫アレルギー数値(=^・・^=)
 
いただきました(`・ω・´)b
 
クラス3から完治の0です!!(猫アレルギーだけではなく、他のアレルギー数値もよくなってましたが)
 
アレルギー数値0!ぐうの音もでないでしょ、0なら。
 
それなのに、それなのに、猫アレルギーについて調べていたところ、衝撃の内容をネットで発見。
  
猫アレルギーだから猫を捨てろ?!
 
とあるご家庭で、旦那さんが奥さんに言われたセリフ。
 
クラス2くらいの猫アレルギーレベル。
 
それはどうなんだ?!という、旦那さんのネットでの問いかけに対し、それに反応したオーディエンスの言葉がまた衝撃。
 
みなアレルギー養護なんですね。人間養護?といいますか。
 
そのためなら動物は捨ててもいいような。
 
いやぁ~、わたし違うと思うんですよ。
 
まずこれ、アレルギーって病気を治らないものとみせて、薬を与えるかっこうのものにしている現代医療の仕業だと思うんだけどな。
 
しっかりとみなその洗脳にかかっている。
 
そして、もちろん無理してアレルギーなのに飼えということじゃないけれど、生き物を捨てる捨てない騒ぐ前に、生命を扱う責任も考えず自分だけ治りたいもない。。。
 
自分が治るためなら他者の生命は軽んじる??
 
あれ?こういう人たまにいるなぁ。
 
そういう人に限って何をやっても治らなかったりするんだよなぁ(すいません、治療をしていると見える正直な傾向)。
 
自分自身に変えるべき要素はないの??
 
少なくとも生命が関わる、ちっとも軽い話題ではないので、せめて今から言うことくらいの認識くらいは持ってほしい。
 
この病気が出やすくなった背景としては、人間が過保護になりすぎたことにある。
 
添加物にコンビニ食に脂たっぷりの贅沢食や嗜好品。
 
過剰な栄養や合成品たっぷりの食生活の挙句、溜まった老廃物。
 
そして、何かあれば薬ばかり。
 
運動もろくにせず、ストレスを溜め続ける。
 
こんな体の環境ではこの人がやられてしまう!と守らねば!と、ちょっとしたことに免疫が過剰反応するのがアレルギーなのです!!
 
アレルギーは誰のせいでもない、今の我々が体の環境を変えたことによってつくった病気です。
 
これ知っていましたか??
 
もしそうだったら、捨てるのは猫より、アレルギーを起こす原因となる生活が先じゃないですか?
 
アレルギー対策まず変わるのは自分じゃないの?
 
と、思う部分のある私なのでした。
 
だって、事実、現代医療で言われているアレルギーはなぜうちではこんなによくなっているの?!という話しですよ。
 
体の環境を取り戻すからですよ。
 
というわけでこの話長くなりそうなのでまた明日へと続きます。。。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る