BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

ガンになってませんよね?子宮頚部高度異形成 byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 293】 ガンになってませんよね?子宮頚部高度異形成
 
~先ほどの内容のつづき~
 
子宮頚部高度異形成の彼女。
 
医師に不信感を抱き、手術をキャンセル。
 
当然、手術しなければうちでやることないから他いってとのこと。
 
先日、そこから紹介してもらった病院に約4カ月ぶりに検査に行く。
 
うちでも治療を始めて4カ月。
 
いろいろな変化が起きていた。
 
大きかったのは頭痛やしびれが原因で使っていた薬をやめれたこと。
 
これを長年使っていた点がこの病気を悪化させた原因でもあると感じていた。
 
まだ完治にはいかなくても、脱薬も成功し、その元気ぶりと変化ぶりにこれはいずれ子宮頚部異形成も消えるだろうと読んでいました。
 
病院に行き、紹介状をみた医師はいきなりしょっぱなから怒りモードで言った。
 
「こんな高度の異形成を放っておいたら、あっという間にガン化してどんどん広がってとんでもないことになってるぞ、何で放っておいたんだ!!」と脅されまくったそうな。もう今さら間に合わないくらいの勢いで・・・。
 
そして、いざ子宮の中をチェック。
 
彼の勢いは消えた・・・。
 
「あ、正式な検査結果が出たら、検査は6カ月後でいいです。」だって。
 
さんざん、まくし立てて怒鳴っておいて、何??
 
先ほどの勢いは??
 
しかもポジティブなセリフは一つも言わないそう。
 
手術しなくてもいいってわかったんですよね?
 
次は検査で、経過観察でよくなったってそういうことですよね?
 
だったら何か言う事ない?
 
よかったねーって!
 
それっていいことじゃなかったですっけ?
 
違いますか??
 
そうでしょうね。
 
認められない。
 
手術もしないのに、何もしないのに、なんで?って。
 
みんなそうなんです。
 
切ると言われた胸の石灰化がなくなったり、膵炎の反応がエコーで影が消えたり、リンパ腫がなくなったり、白血病がよくなったり。
 
ただ「?」になる。
 
現代医療では完全に免疫という概念は消され、体がよくなろうとする生き物だということを知らない。
 
免疫というものが体を修復することが信じられない。
 
免疫の働かせ方を知らない。
 
彼女が手術しなくなってよくなったことすら、認めてあげられないんです。
 
病気にちゃんとなって早く切る、薬使う!って頭だけが先行しまくっている。
 
わかります?
 
こうして多くの日本の人々はこういう考えの医療に依存し、無駄にバンバン切られ続ける。
 
無駄に薬漬けになり続けている。
 
どうしてこんな医療に依存できるんですか?!
 
(まだまだ彼女とわたしの不信感話はつづく・・・)

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る