BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

それは自己免疫疾患でもなく、膠原病でもなく、解毒です① byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 266】 それは自己免疫疾患でもなく、膠原病でもなく、解毒です①
 
その症状、病気ととらえるのか、毒だしととらえるのかで運命は大きく変わる。
 
以前もお話した、自己免疫疾患(膠原病疑い)と言われた女子の話。
 
彼女はぼちぼち月1回とか、3カ月に一回とか、半年くらい治療があくようなこともあったが、突如、まじめにやりはじめたその矢先の出来事。
 
実は自分でお灸なんかもやりはじめちゃって、いったいなんの改心かしらと思うくらい。
 
でも、でもでも!出た!出たんです!!恐ろしい症状が。
 
え?っと思うでしょ。
 
口の中ただれまくり、そしてとうとう味覚まで失う。
 
出た診断は、自己免疫疾患。膠原病であろうと。
 
その前には抗ウィルス剤を飲ませたりもしていた様子。
 
もちろん今後の治療はステロイド。
 
しかし、わたしはこう解きました。
 
「おかしいぞ、これは病気なんかじゃない!解毒じゃないか!?」と。
 
今まで体力もさほどなく、痩せ気味で、性格ははぜんぜんおてんば丸出しだけど、どちらかというと「虚」の方の体質にみえていた。
 
「虚」の場合、自分でなかなか毒を出す力もなく、体に溜め込んでしまう性質がある。
 
治療を本格的にやっていたら、突然襲われたこの症状。
 
やっと力がついてきて、出せるようになったんじゃないの??
しかも、今まで出せなかったから、体も相当えぐい形で出してきたのでは?
しかも口の方と言えば、もう外に出る寸前の場所。
 
だから逆に治療がんばれ!って、一緒に抜け切ろうって!
 
もしも3カ月もして何も変化もなく、むしろ悪化するならそこから病院の薬に戻ったって遅くはないもの。
 
でも体をつくる、本当に毒を出していくって、時間が必要なこと。
 
しかもここまで出ようとしてるなら、もうちょっと頑張るべき!
 
わたしの読みが間違いだというなら、いつでも薬は簡単に取れるのだから、今は頑張って!と、わたしは伝えたのでした。
 
~つづく~

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る