BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

調味料はベジを救う!ベジヤンニョンジャン(薬念醤)篇 byなるりえ


【なるりえのなまぐさマクロ34】 調味料はベジを救う!ベジヤンニョンジャン(薬念醤)篇
 
調味料がちょっとひねってあるだけで随分とベジライフは明るくなるもの!
 
というわけで、わたしが愛するベジヤンニョンジャンお教えします♪
まぁ韓国の薬味調味料って感じかな。
 
体弱らす系の砂糖を使わない!というところがベジのたしなみ?(ただでさえベジは体ゆるめちゃいますからね)
体調や持っていきたい方向によって入れるものも調整するっていうのがマクロ的な感じですかね♪
 
=材料=
ネギ
にら
ショウガ
えごま(お好みで)
擦り胡麻
りんごすりおろし
梨すりおろし(あればよりうまい)
醤油
玄米米飴(りんごや梨で甘味がでれば差し引き)
(他で代用する場合は甜菜糖など極力精白した砂糖は控えて)
 
●粉唐辛子(パウダーと粗びき二種類使うとおいしいです)
●にんにく
 
◆ごま油
◆酢
 
~(●)をつけた2品~
 
これは、精神を落ちつけたい、体調がよくない、自律神経を安定させたい!っていう時は、省くとよいですよ♪
 
この2つに関しては、外向きのエネルギーが強いんで、空元気になりやすいといいますか・・。
マクロビアンはここ気を付けます。2つとも超陰性なんですよね。
 
わたしは多少のスパイスは元気のもとなので、というか、うまい!ので入れちゃいますが、
アトピーやアレルギー、炎症起こしやすい人には向かないのでそういう時はここはなしにした方がダントツによいです!
 
=作り方=
ネギ、にら、えごま、しょうが、全部細かくして、擦り胡麻、りんご、梨のすりおろし、と先にあわせておいてください。
 
玄米米飴は非常に硬いので醤油を入れてからがよいです。
 
しょっぱくなりすぎないことは先に材料を合わせてから、醤油で濃度を決めるとよいです♪
 
計るのが嫌いなわたしは先に醤油を入れるといつもしょっぱすぎて後悔します。
 
あくまで好きな濃度で作ってください。
 
これ1カ月くらい持ちますよ。
 
(◆)の2つもお好みで使ってあげるとさらに味のアレンジ楽しめますよ~。
 
 
何にかけてもおいしい♪かつ、体にマイナスなものもなく、栄養も調味料で取れちゃう優れもの♪
 
あ、これ白菜にあえて混ぜるだけでもおいしかったりします。
コチョリっていう即席サラダキムチみたいな感じなんですけど。超さっぱりしておいしいですよん♪
この時はヤンニョンの水分は少な目がオススメ。
 
餃子のタレにもぴったりです。
 
そして、よく実家で食べ方がかわいそうな子と憐れまれるわたしは、
これをホクホク玄米にちょっとたらして海苔と食べたりするだけで大満足だったりします(●´ω`●)

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る