BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

ワセリン&ベビーオイル使うと治らない皮膚になる byなるりえ


【 なるりえ の ひとり言 172】 ワセリン&ベビーオイル使うと治らない皮膚になる
 
わたしは今まで治療をしてきて、ワセリン塗っていて、完治した人をみたことがない。
 
治療の進みが悪い!おかしい!と思い、そこに気付きやめてもらって治る人はよくみる。
 
もうみなさまご存知かと思いますが、鉱物油です。ワセリンもベビーオイルも。石油系。
 
しかし、最近こんな話も出ている。
 
石油って、もとをたどれば植物性になるとか、精製度が高く、昔被害があったのは、他の不純物のせいだとか。
副作用はなく実際はまったく悪くないとか。
 
別にそれはいいんだけど、本当に治そうとしている人に、やめてもらうと何でよく治るんだろう。
 
そういう目を通してみて、いいとか悪いとかは言ってはいないような気がする。
副作用なければいいって問題じゃないよね。
 
あと、わたしは思うんですよね、やっぱり地球の奥掘り出して出す鉱物って、性質的にすごく陽性。硬い、重いという意味。より凝縮されているとか。
 
つまり肌も硬くする、固めるとかね。
 
その反対、地の上にのびる植物とかハーブって、どちらかというと陰性のもの。
 
すーっとリラックスする感じの陰性ね。ゆるめて広げる方。流す感じ。
もちろん温めるハーブもあるんですけど、相対的に比べての話。
 
この違い。やはりアトピーとか、乾癬とか、なにかの皮膚疾患、硬くして閉じ込めちゃいかんのです。トラブル肌でなくてもね!
 
ただ、今度は植物だと軽すぎて、油が足りない~、と言う人も多い。
でも、ちゃんと自分の体の物質が体の外側まで回るようにするのは自分の役目。
何かものを使って潤わせなきゃいけないと傾倒しすぎなんですよ、だいたい。
化粧品洗脳は怖いですΣ(゚д゚lll)
  
重くて硬い油塗って閉じ込めて潤った気になっちゃいけませんよ。
こういうことやっているともっと本質的には潤わない体になる。
だから、歳をとっていく毎にどんどん油も重くなる。
硬い油で毒の出口も塞がれて、ますます非アンチエイジング。
 
だから実は、わたし、馬油とか動物性のオイルも絶対塗らない。
動物も陽性ですからね。ごつい。
乾燥してきたとして使うなら、わたしはミツロウ系まで。他はほぼ植物オイル。
 
その昔、アトピーの人が、牛の脂のクリームが乾燥しなくていいということで使っていた例がある。
やめてもらって治療して、一気によくなりましたよ。
 
一体何をもってすすめてるんだろ。
皮膚科もそうですよ、ワセリンで本質的に強くなる?
 
肌に重油はやめようね!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る