BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

抗ガン剤賛成反対は感情論では語れない② byなるりえ


【 なるりえ の ひとり言 159】 抗ガン剤賛成反対は感情論では語れない②
 
とある有名健康雑誌の元編集長がうちにいらっしゃったことがある
 
「自分はガン」だと。
 
そして勉強もよくなさっているので、
「抗ガン剤で普通に再発もなく治る可能性はたったの数パーセント」だと。
「苦しめられることもわかっている」と。
 
ここまで知った上で、最終的に彼はうちではなく抗ガン剤を選んだ
しかし、これこそチョイスというものだ。
 
それでどうなろうとも彼が選んだのだ。
それがチョイスなのだ。当然否定などする必要もない。
 
いま彼がどうなったのかの情報はわからないが、うまくいってくれていればと願うだけです。
 
しかし、こんな話があることも事実だ。
わたしの血縁は医師が多く、そして、ほとんどは「自分がガンになっても抗ガン剤はやらない」と言う。
 
両親、祖父、叔父、叔母、多くの医師の親戚の中に生まれ、
 
その中でも父は医師でも、「手術をすると人が5年後には死ぬ」、「薬が免疫を潰している」と、今の医療に疑問を投げかけ立ち上がった。
 
そして、医師会からは頭のおかしい教祖が何か言っているぞとつまはじきに合い、それでも、免疫だぞ!と叫びつづけた。
体でぶつかる治療をして、その結果で少なくとも免疫をこの世の中でもっと当たり前のスタンダードに押し上げた。
 
まだ人間の力で治る可能性があることも。
 
当時は免疫で治るなどと言えば、「宗教、教祖」と疎まれ苦しんでいた。
 
そんな環境から這い上がり真実を証明しようと必死に生きた父をみて、
そして、今治療でぶつかって、いろんな患者さんから答えをもらえるわたしに、
もっと言えることはあるって信じているのです。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る