BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

抗ガン剤は体を極陽性(陰がマイナスの陰虚)させる?!② byなるりえ


【なるりえのなまぐさマクロ14】 抗ガン剤は体を極陽性(陰がマイナスの陰虚)させる?!②
 
世の中、「陽」は明るくて、「陰」は暗いとかってイメージありませんか?
 
陰は確かに冷え傾向というおおもとはある。
 
しかし、程よく陰を保つことは、
潤い、みずみずしさ、やわらかさ、色白、リラックス、静、女性らしさ、色気、副交感神経、そして白血球、リンパ球までにつながってくるですよ~、めっちゃメリット。
 
食べ物でも陽性の食べものがいい!みたいな思考ありません?
でも陽性の食べ物は温めて~、だけじゃないんですよ~
 
「陽」の食べ物裏の顔。
 
・消化に負担がかかりやすい
・のどが渇く
・味が濃い
・重い
・水分が少ない
 
などなど。
 
さて、食事を語る前に、今回のトピックである、抗ガン剤を使った人の状態を考えてみましょう。
 
①抗ガン剤使っている人の顔色ってどのようになりますか?暗い?明るい?
 
②抗ガン剤使ったら、眠れると思いますか?
 
③痩せますか?太りますか?
 
④自律神経は交感神経、副交感神経どっちに偏りやすい?
 
⑤リンパ球と顆粒球どっちが増えやすくなる?
 
⑥冷えは出やすくなる?
 
答えを出して、その答えが「陰」に当てはまるのか、「陽」に当てはまるのか、明日までに考えてみてください!!
 
明日、答えと解説用意してまっております♪
 
ぜひ今日UPしたブログ、①の方も読んでくださいね。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る