BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

瞑眩は自分の持ち物です!(瞑眩はツケ!)② byなるりえ


【 なるりえ の ひとり言 116】 瞑眩は自分の持ち物です!(瞑眩はツケ!)②
 
※昨日のつづきです。タイトルちょっと変えてみました。患者さんというと病気の方というイメージになってしまいますが、これはあくまで一般の人に起こるお話ですので♪
 
【瞑眩】(メンゲン)~好転反応、体が治療などにより自然治癒力を増してくると、体に溜まった毒素を排泄しようと、熱や咳や痛みや汗や湿疹や下痢、だるさなどいろいろな病気に似た症状を体に出してくること。体が緩まった状態になることで、奥に詰まっている毒は出てくるような状態のこと。
 
 
瞑眩なんていらないよ~!不安になるからやめて。体がよくなってきているのに、なんでこんなん出るの!?
こんな声すごく聞かれます。
 
しかし今まで風邪をひいても、湿疹ができても、腹イタが起きても、薬、薬!でしたよね。
湿布だってそうですよ。薬剤たーっぷり。おかしな化粧品だって合成品まみれ。
食事だってお砂糖たーっぷり!お肉がっつり!酒くださいっ!!!(めっちゃわかります(; ・`д・´))
 
私は大丈夫と思っても、実は体にやってきているツケは意外と大きい。
これがまた溜まりすぎると鈍化するという恐ろしいシステムが備わっていますからね、人間。
 
体は声にこそ出しませんが、精神的ストレスなんかも加わり、たーぷっりいじめられて、抑えつけられ我慢してきたのです。
 
ある意味、瞑眩とは体の暴動です。
 
頭痛が起きようが、ちょっとくらい熱が出ようが自分の体で治す!
使っていいのは自然のものだけ。
薬で対処療法を行えば行うほど、あとの仕返しはでかくなります。
 
自分の体を育て、どんどん体から毒を捨てていく人は、その努力の年月が長ければ長いほど、ちょっと治療をしたり、自然のものを使ったりするだけですぐ反応し治る体ができあがります。
つまりは免疫発動部隊が優秀に鍛え上げられて精鋭部隊として見事な働きをしてくれるようになるのです。
 
多くの人が自然療法は効かないなどといったことを言いますが、それは完全鈍化している証拠。
鍛え上げられている人は、食べ物ですら薬になるくらいまでになりますよ。
胃もたれを梅干しやらキャベツで治したりね。キャベジンじゃなくて自然のままで効くようになる。
ゆえにいらない毒も溜まらないというプラスのスパイラルにどんどん入りこんでいく。
 
その力をつけるためには都合よく体を操ったり、調子よくここだけ治りたいなどという思想は捨てる!
その覚悟がなければあっさり薬社会にゴーバックです。
そしてまた体が悪くなって、どんどん薬漬けになって、と悪循環に入っていくのです。
 
神様も結構いじわるです。
都合のいいことはないよ~、免疫で治したいとか薬やめたいとか言っているけれど、こんな毒も出しちゃうけど本当に耐えられるの~?あなた本物なの~?とニヤニヤみているよう。
 
白血病越えた患者さんも大変だったなぁ。何度も高熱、びっくりするほどの喉の腫れ。でも白血病は消えました。
リウマチの患者さん、治ったと思ったらまた襲ってくる強い痛み。でもリウマチ完治。
痛風だって、喘息だって、アトピーだって、乾癬だって、なんらかの形で瞑眩を越えて治っていく。
 
もちろん薬は一切やめていくが条件です。
治療は運動や食養よりもスピードがある分、特に症状が重い場合には瞑眩が出やすい傾向がある気がしますが、その分最速ツケ返しができる強い武器だと私は思っています。
 
わたしも体を変えるにあたって何度も山を越えました。びっくりするほどの蕁麻疹。とつぜんアトピー、リンパ腺腫れ腫れ。
 
でも毎年出ていた高熱、扁桃炎もぜーんぜん出ない。本当に扁桃腺切られないでよかった!!切っていたら今頃ツケは3倍以上ですよ( ゚Д゚)
扁桃腺も大きな免疫の組織ですからね。切っていたと考えるとぞっとします。
 
これなんだろうなぁ~、薬→手術→薬→免疫低下→また病気→薬→手術→最終的に抗ガン剤?!みたいなルーティン。
潤うわけだよなー(ひとりごとです)。
 
でも私は十数年前にいちぬけた!です。
 
自分の体で乗り越えれば乗り越えるほど、人は最強の免疫を手にしていく。これが私は最強と思う。
みんなにも本当に知ってもらいたいと思うのでした。必ず越えた先にオアシスはある!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る