BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

低気圧になるとキャンセルが増える? byなるりえ


【 なるりえ の ひとり言 112】 低気圧になるとキャンセルが増える?
 
今日のこの東京の天候・・・。
気圧の谷に入り、低気圧全開!!
 
しかし、われわれには困ってしまうこの低気圧Σ(゚д゚lll)
 
具合悪いのが出てきてしまう?というより、
体内にある毒素が外に出やすくなってしまう天候。
 
いわゆる副交感神経に入りやすくなる天候。
 
つまり、低気圧というのは、圧が減る、ということ。
すなわち、過剰になると、血管が収縮しにくい、力が入らない、という状況になり、だるさがマックスになる。
よく言えば、緊張が緩んで、体内の毒が外に排出しようと出てくるということでもあります。
あ、こんな日はウツ傾向落ち込み傾向のある方には最悪です。どよーんという空気に打たれまくります。
 
ゆるんでしまうので、具合の悪いのもどすーんと出てきて、超重い、気分も沈むという風になりやすい。
 
というわけで、見事に治療最中の解毒中の患者さん、だるさがですぎて、キャンセル続発中!!
 
でもこれも毒出しの一つ。意外とこの低気圧の方が長生きのもととも言われたりするのです。
ま、何事も過剰に偏りすぎはだめなんですけどねっ。
 
福田稔先生が自律神経と免疫の関係に気付いたのは、実はこの気圧のおかげ。
 
元来思いっきりワルでもあった福田稔先生(名誉のためにいうと、反面びっくりするほ正義の心も強い)は、隠れて平日の高気圧の天気の良い日にゴルフにでかけると、今度は高気圧、つまりは交感神経優位で起きる病気の患者さんが一気に増えて、病院へ連れ戻されるはめになるということが繰り返され、この気圧、そして自律神経、そして免疫という関係を発見するにいたったのでした。
悪い事もやってみるもんですね♪母はこの話を知ってめっちゃ怒ってましたけどね。
 
ちなみに低気圧で症状が出やすい疾患。
 
※アトピー、喘息、アレルギー、花粉症、リウマチ、膠原病、ウツ、などなど。
 
こんな日に悪化しやすいと思う方とっても多いと思いますが、薬で抑えずに、普段から体の毒を排泄するようにしていると、低気圧のこんな日も影響が出なくなりますよ!

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る