BLOG & INFORMATION ♪

BLOG & INFORMATION ♪詳細

炎症に有効なのは、陰陽どっち?! byなるりえ


【なるりえ の ひとり言 61】 炎症に有効なのは、陰陽どっち?!

 

不摂生したりすると舌や歯茎や喉が腫れてみたり、炎症ってよくおきますよね。
こんな時、あなたならどうする??

 

わたしなら、まず梅干し!
最近なら昆布の黒焼きなんかも直接塗ったりと(これ本当はむしろ体の下側の症状に効いたりするものとしてとらえてるんですけど)。

 

これ両者ともすごい陽性の食べ物です。黒焼きなんてますます陽性♪

 

歯茎痛い時も練り梅を直にすりこんであっつい番茶ぐっとのんだりします。
番茶も極力寝かせてある3年番茶。これもまたしても陽性。カフェィンの興奮作用ほぼ飛んでなくなります。

 

そう考えると、そもそも植物性の陽性食品ってすっごいアルカリ食品(体錆びさせないような効果!)が多い。

抗菌力も強かったりと何かとこんな時に便利なのです。

 

これが動物性の陽性食品だとまったく正反対なります。

体錆びやすくなります。悪い酸化の方の酸性食品。

 

炎症というと火!

燃えているから、陽性でしょ!?と勘違いしやすい。

 

アトピーとかも炎症してかゆいし、熱を下げなきゃ、炎症冷やさなきゃ!となる。
そうなるとつい人は陰性食品に走りがちになる。

 

そうなってくると、体をキレイにしたいからスムージーで流さなきゃ!とか生野菜たっぷりとか!

 

でも、やること正反対ですΣ(゚д゚lll)!

 

まず炎症ってどこが燃えてるの?と考えてみる。
どちらかというと、熱をとどめておくべき体の中ではなく、体の表層に近い部分、手の届きそうなところが燃えている(; ・`д・´)
歯茎なんかの腫れも舌の腫れも口内炎も扁桃腺もアトピーも。

くしゃみとか咳も花粉症も外側に出てくるような炎症作用。

 

熱いのは外側なんです。熱が外に向かっている。
つまり、、、中は、冷えている!!

 

中冷えてるのに、中冷やすようなスムージーが効いてこないのはこんな理由だと思うのです。
本当に筋肉隆々血流バンバン体内熱いって人は別ですけどね♪

 

なんでもかんでも、炎症=冷やせばいいは古い!
中を温める、体内の正しい位置に熱を戻す!これこそが炎症を治める早回りなのです。

---------------------------------------
VE&BI治療院

住所:東京都豊島区目白3-14-18 ヒカリハイツ3F

電話番号:03-3953-1337

診療時間:9:30~20:00
当日予約は15:00までにお電話ください。
※当院は完全予約制です。

休診日:第1,第3日曜・月曜・火曜
-------------------------------------------
  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る