気血免疫療法とは

気血免疫療法とは

故・福田稔医師と新潟大学大学院の安保徹教授との共同研究によって、自律神経と免疫の関係を明らかにしたのが「福田-安保理論」と呼ばれるものです。
この理論に基づき、人間の治癒力は気と血液に集約されている。という考え方のもと、故・福田稔医師が自律神経と血流のバランスを整え、毒出しの出来るカラダを作り、免疫力を高める治療法を確立しました。それが『気血免疫療法』です。

薬やサプリなどは使わず、手や磁気針などによって人それぞれの滞っている体の詰まりをほぐし、頭のてっぺんから足の先まで気と血流を貫すことで本来あるべき人間の体の流れに戻します。そのことにより自己免疫力を高め、病気に打ち勝つ体を作っていく治療法です。

※気血免疫療法は登録商標です

自律神経のバランスをとる治療法とは

「福田-安保理論」は病気に打ち勝つ免疫力を高めるうえで、自律神経のバランスが何よりも重要であることを発見しました。
「福田-安保理論」ではすべての病気の原因は自律神経の乱れにともなう免疫低下と、血流障害にあると考えます。
交感神経副交感神経は拮抗して働き、どちらか一方が優位になると、もう一方の働きが抑えられます。

両者がバランスよく働くことで、気分や体調にメリハリがつき健康が維持されているのです。 この自律神経が内蔵の働きだけでなく、免疫の要である白血球の数や働きも調整しているという法則が白血球の自律神経支配の法則です。

白血球は血液の流れに乗って全身を監視し、異物やウイルス、細菌、異種たんぱく(自分の体にはないタンパク質)を発見すると、これを排除して体を病気から守っています。

まずはこの白血球の総数が免疫の基本となります。その数が5000個~7000個であることが重要です。  次に、その中の顆粒球とリンパ球のバランスが大切になってきます。

白血球のおよそ95%は顆粒球とリンパ球でしめられており、顆粒球は細菌など大型の異物を攻撃し、リンパ球はウイルスのように小型の異物やがん細胞を攻撃します。

・交感神経が優位になると、顆粒球の数が増えて活性化し、リンパ球は減少する。
・副交感神経が優位になると、リンパ球の数が増えて活性化し、顆粒球は減少する。

自律神経がバランスよく働いているとき、顆粒球:リンパ球の割合は顆粒球54~60%、リンパ球35~41%の範囲におさまります。顆粒球とリンパ球がこの比率以内であれば、免疫は高く保たれ病気にかかりにくく、かかったとしても自分の力で治すことができるのです

この理論に従えば、病気とは自律神経のバランスが崩れ、白血球中の顆粒球とリンパ球の割合と数が、適正な範囲から逸脱した状態をいいます。
結論として、治療の大原則は、顆粒球とリンパ球の割合と数を適正な範囲に戻すこと、つまり自律神経のバランスを回復することに主眼が置かれます。

福田先生は試行錯誤を重ねながら、臨床医として様々な治療法を実践してこられました。
その結果、編み出された治療法が気血免疫療法です。

 

顔色でわかる免疫力

図表

 

白血球の個数とリンパ球のパーセンテージを顔色や皮膚の質感などで判断できるチャートです。

ご自身またはご家族の顔色や体系と照らし合わせてご覧ください。

あくまで目安ですので参考としてお使いください。

 

※左記の表は登録商標です。

 

セルフケア

爪もみ

爪の生え際は神経線維が密集しており、ここを刺激すると、過度なストレスなどで乱れた自律神経を、バランスのとれた状態に戻してくれます。すると、免疫力も正常化するため、さまざまな病気や症状に対して効果を発揮します。
手足の先には、動脈と静脈を結ぶ血管もたくさんあります。
心臓から送られた血液は、ここを迂回して静脈血に合流しますが、浸透圧が低かったり、老廃物が多いと流れにくくなります

爪の生え際を刺激することが、ポンプのような役割を果たし、手足の先で血液が迂回する流れを、スムーズにする効果もあると考えられます

爪もみは、副交感神経を優位にしてくれる「腹式呼吸」と、組み合わせてやるのが効果的です。
呼吸とのタイミングが重要
息をゆっくりと吐きながら、磁気針を押すのがポイントになります、逆に息を吸うときには、刺激する力を抜くようにします。

セルフケア方法

1. 爪の生え際にある10カ所の点を、少し痛いくらいの強さで10秒ずつ押して刺激します。とくに痛みを感じるところは、20秒くらいに伸ばしても構いません。1日2~3回を目安に繰り返してください。

2. 下半身の症状を改善し、血流のバランスを整えるために、足の爪の生え際も、少し痛く感じるくらいに刺激していきます。同様に10カ所の点を10秒ずつ、とくに痛みを感じるところは20秒ほど刺激してください。足の爪もみは、入浴時に行なうのが効果的です。ただし、磁気針を使った足の爪もみは、お風呂上がりに行ってください(入浴中に使うと、磁気針が錆びる恐れがあるのでご注意ください)。

 

つむじ押し

試行錯誤を経て、福田先生が頭頂部への刺激にたどり着いたきっかけは、患者さんの多くに共通する症状がみられることでした。 それは大半の人が、頭部がうっ血しているのに対して、下半身には十分な血が通っていないことです。
昔から「頭寒足熱」と言われるのは、まさに正鵠を射た表現で、頭部に滞留した血液と気を下に流してやることが、全身の血流を改善し、自律神経のバランスを整える最善の方法だったのです。

セルフケア方法

まずは、つむじの探し方から・・・
自分の指で頭のてっぺんから前後左右を探ってみます。直径1センチほどのくぼみがあれば、そこがつむじです。
2つ以上のくぼみがある人もいますが、最も大きくて、押すと痛みを強く感じる場所を刺激します。

1. 磁気針をつむじに当てて、心地よく感じるくらいの強さで、20回ほどリズミカルに押します。

2. つむじを中心に広がる6本の線に沿って、磁気針で刺激します。
つむじから下に向かって、少しずつずらしながら、刺激をしていきます。
みかんの房の間をなぞるようなイメージで。
途中で痛みを感じる場所があれば、そこは5回くらい、集中的に刺激するといいでしょう。

  • facebook
  • twitter

Gemmy Gardenオンラインショップはこちら

ページ上部へ戻る